新着情報

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

台風24号

台風24号で被害に遭われた方々、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

 

9月30日(日)の夕方から深夜にかけて、愛知県を通過した台風24号。前回影響の大きかった台風21号よりも風が強かった印象です台風通過後の被害を確認しに、試験圃場へ行ってみると…

 

しなっとしてひっくり返った葉や、葉柄から折れたものが多く見られ、台風24号の風の強さを再度目の当たりにしましたオクラは支柱に結んだヒモで支えていたのですが、細い支柱は根元で折れているところもありました台風が来ない年もありますが、こういう事態に備えて支柱は20Φくらいの太さは必要ですね…

ところで、ここ愛知県の露地オクラはだいたい10月で終了となります。既に気温低下の影響で、着花の勢いも落ち着き、そろそろ片付けかなーという状況です。この台風で葉だけでなく、根も傷んでいますので、回復する前に温度低下でダメになってしまうかもしれませんね…

まだまだ収穫真っ最中!という状況なら、根のケアにバイオ根助やMリンPK、サンレッドなどを使いますが、次の段取りもありますので、オクラ自身に任せようと思います

2018.10.03|ブログ

ページの先頭に戻る

収穫の秋ですが…(北海道便り)

10月です

悪夢のような出来事から1ヶ月になります。

北海道は9月に入った途端に、台風と地震のダブルパンチで、風で飛ばされたハウスや資材を直す間もなくの出来事でした

 

震源地に近い地域では、収穫間近のトマトなどの作物は樹が倒れ収穫出来ず、かなりの数が廃棄されております

 

今後、出来る限りフォローしていきたいと思います。

 

                         

 

1ヶ月前のブログで、今年の北海道の夏はどこへやら、と書きましたがやはり、収穫が遅れているようです。

稲は、例年20日ころから稲刈りが始まるところが多いのですが、まだ始まっていないところが大半のようです。

 

幸いなことに、9月に入ってからの天候がとても良く、かなりの遅れを取り戻せています :lol:

 

 

 

 

ブドウやリンゴは、多少遅れていますが、まずまずの生りをしています。

 

 

 

 

 

台風の後、すぐにMリンPKを施肥する予定でしたが、直後、地震が起こりプルーンは実が大部分落ちてしまったそうです

今年のプルーンは出来がよく期待していたそうで残念です、、、。

2018.10.01|ブログ

ページの先頭に戻る

バケツ稲の穭

おはようございます 台風24号が明日から10月1日にかけて、日本列島を縦断しそうなので、進路にあたる地域の方はくれぐれもご注意ください

また、日本とアメリカ間で物品貿易協定(TAG)の交渉を行うことが決まりました 聞きなれない言葉ですが、アメリカ側は自由貿易協定(FTA)のことだと言っています おそらく日本側の都合で、新しい言葉を作っただけということです 自動車産業を守るために、農業分野でTPP並みかそれ以上の譲歩を余儀なくされるかもしれないということなので、しばらくは交渉の行方を注視したいと思います

話題を変えて、まずはこちらの写真をご覧ください

これは穭(ひつじ)と呼ばれる稲刈りをした後の株に再生する稲です 二番穂、穭稲(ひつじいね)、穭生(ひつじばえ)ともいわれます。稲孫とも書きます
かつての食糧難だった頃の日本では、温暖な地域で米の二期作をやっていたそうですが、気温が20度を下回るようになると不稔になり、食味も悪いので、現在はほとんどの地域で行われていません
今年の名古屋は暑すぎたので、高温障害の出たこしひかりとハイブリッドとうごう4号は8月31日に刈りとっています 穭は刈りとりから50日ほどで実るようなので、10月末まで生育させてみたいと思います 今日の名古屋は最高気温が28℃となっているので、10月に入っても気温が高いようなら穭稲も収穫できるんじゃないかとちょっぴり期待しています

2018.09.28|ブログ

ページの先頭に戻る

食べ物がおいしい季節です

爽やかな秋の空気が感じられる季節。過ごしやすい気候ですし、食べ物も美味しいですね

しかし、南の方には台風が・・・当初の予想を反して本州方向へ曲がってきてしまう予想に変化しつつありますもう今年は台風はいらないのですが・・・勢力が落ちるのを祈るばかりです

今年も美味しい梨が届きました。こちらは福島県産の豊水です

幸水もとてもおいしいのですが、豊水は幸水より保存性が高く瑞々しいので、私自身はこちらを選ぶことが多いです

今年は春も暖かく、夏場も暑かった事から生育が早く、例年より1週間程早い収穫となったようです

お味は例年通りとても甘く、瑞々しい果汁もたっぷりとても食べ応えのある梨でした

一般的には、豊水のほうが食感が柔らかいと言われていますが、Mリンで栽培すると、歯ごたえもしっかり、とっても美味しい梨ができあがりますよ

旬の食べ物をたくさん食べて、健康に過ごしていきたいですね。

2018.09.26|ブログ

ページの先頭に戻る

苗作りで大切なこと~水のやり方~

おはようございます

秋冬野菜の苗作り。

・・・失敗しています

 

発芽した後に消えていくのです。

原因は、暑いから?

 

念のために苗を作っている生産者様に聞いてみると、

『発芽した後に、気温が高くて消えるなんてことはないよ

どうやら原因は『土』であるようで。

プラグに播種する場合、市販の培土を使うなら『プラグ用』を使うこと。

理由は、

『肥料成分が多いと濃度障害で枯れてしまうから』

プラグの絵が描いてある袋の培土は使いましたが、『プラグ用』とは明記されていませんでしたね。確かに

夏の盛りは窒素量をやや少なく、涼しくなってきたら多く配合すると良いのだそうです。

また、バイキンが多い土を使うと立ち枯れの原因に。
リサイクル土を使用する場合は注意が必要。

失敗したくなかったら、プラグにはプラグ用の土を使いましょう(自戒

 

さて、水のやり方です。

水のやり方は

『均一になるように、不均一に』

が、ポイントです。

プラグの中は小さな世界です。水の量が一定でないと生育にムラができてしまいます。
しかし、プラグに対して均一に水をやるとプラグ内に落ちる水の量は一定でなくなってしまいます。
だから、プラグ内に落ちる水が一定になるように不均一に水をやる必要があるのです。
この『均一になるように、不均一』が難しい。
ジョウロを動かす速度を変えることで不均一で均一になるような気がします。
これも日々練習ですね

2018.09.21|ブログ

ページの先頭に戻る

ジャンボ オクラ

ざわわ~、ざわわ~ざわわ~


沖縄、宮古島のサトウキビ畑

先週末、沖縄へ出張へ行った営業マンが撮った写真です

2メートル以上に伸びたサトウキビ。

 

そして、

その木陰に隠れて作っているのが、このジャンボオクラ


ワタクシ、初めて知りました。
ピーマンよりも大きいオクラがあることを

 これは、中東の国イスラエルの伝統野菜で、品種は、『スターオブデイビット』

生産者さんによると、肉厚で柔らかく、ネバネバも多いので、販売している道の駅でも人気の一品とのこと。

 

で、この写真をみた別の社員が、
驚くこともなく平然と、でもちょっと嬉しそうに
『これ、よく行く直売所で売ってるよ』と



珍しい野菜を見つけるのも、直売所ならではの楽しさの一つなのね、と実感しております

2018.09.19|ブログ

ページの先頭に戻る

お客様の声

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る