新着情報

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

順調なイチジク

ミズホ社内の庭で育てている白イチジク『バナーネ』は、今年も順調に生育中です


バナーネは、おしりが割れにくいため、虫が中まで入らず育てやすいうえに、表皮は赤くならないのですが、中身はねっとりと濃厚で甘~いのが特徴

梅雨前にMリンPKを施肥しておいたので、葉がピーンと受け皿状態で、いい感じです



2017.06.26|ブログ

ページの先頭に戻る

機関紙平成29年7月号を発刊!

機関紙H29年7月号を本日(6/23)発送致しました。

なおお届けには1週間ほどかかる場合がございます。

2017.06.23|NEWS

ページの先頭に戻る

梅雨の本格化の前にMリンPK

6/21の水曜日は、愛知県の梅雨入り後、二回目の雨となりました梅雨らしいしとしとした雨ではなく、台風のような風の横殴りの雨で、梅雨っぽい天候を実感できていませんただ、今まで乾燥していたところに雨が降ったことで、急激に湿度が上がりました。人間もムシムシしてて体力を奪われがちですが、作物も同じです。この状況の中、作物が弱ってしまっていると、カビ系の病気が一気に蔓延します日頃からMリンPKなどでリン酸を効かせて、ガッチリとしていて体力のある姿にしておくことが予防になります。また、体力を消耗している部分には、リーフアップバリアPフォスタなどの葉面散布でガッチリ姿へのサポートをしておくと安心です

 

さて、試験圃場のミカンは花芽の時期を過ぎまして、真緑の幼果が肥大中です

写真は6/20の様子で、前述の雨予報の前日です。それまで、しばらく雨が降らず乾燥注意報も出ていたくらいで、水不足気味で実がゴワゴワしていました

前回の花芽のブログ記事から一ヶ月経過していますが、その間に雨が降ったのは7日間で合計64mm。そして冒頭の6/21の降雨量は55mmで、前30日間の85%ほどの雨が一日で降ったことになります。つまり、一気に多くの水分を吸収するため、生育が急激に旺盛になります

「こんなこともあろうかと~」(どこかの科学者が言いだしそうなセリフですが)、雨予報の前日の6/20に、苦土入りスーパーMリンPKMB動物有機ペレットを散布しておきましたリン酸の効果で生理落果と裂果にブレーキをかけつつ、これからの暑い季節に向けてお弁当を持たせた、という考えです。

天気予報が曇雨天ばかりの時は、前もってMリンPK類を施肥しておくことが、あらゆることの予防と、品質向上に繋がりますので、やらなきゃ損です

2017.06.23|ブログ

ページの先頭に戻る

今日は夏至です。

東海地方は梅雨入りしてから2週間ほど晴天が続いていましたが、ようやく雨が降りました

今日は夏至ということですが、日本では太陽が約14時間30分照っていますただ、冬至にはカボチャがを食べる等の風習がありますが、夏至はあまりないようです

ということでカボチャですが、コンポストから勝手に発芽して育っているカボチャに実が付き始めています

どんどん伸びるので、屋根からネットを吊るしたのですが、上限を突破していきました

味が良くなればいいなぁということで、今年は多少なりとも手をかけていきたいと思っています

 また、試験栽培ではナスが生長中

こちらも近日中に収穫が始まりそうです

2017.06.21|ブログ

ページの先頭に戻る

季節外れの天候ゆえ

本来は梅雨入りして雨が多くなっている今頃。今年の東海地方は梅雨らしいお天気にはならずカラッカラ

対して沖縄地方は大雨になってしまっているようですね

最近は本当に天候が読めず、当社の実験圃場もカラカラ状態です

季節外れの乾燥で、登場する害虫も変わっており、ナスの葉の裏を除くと「アザミウマ…

高温や乾燥を好むので、本来は梅雨明けからの出現が多いのですが、既に発生してしまっています

他には「ハダニ」もいる様子…これも高温乾燥で多い害虫なのですが

一先ずリーフアップバリアで対策をしました

植物をよく観察して、例年通りではなく早め早めの対策が重要ですね

 

2017.06.19|ブログ

ページの先頭に戻る

キュウリで成果が見えた!

おはようございます

営業担当は、現在現地指導の真っ最中!

水田も、畑もにぎやかになってきました~

今年からMリンを使い始めて下さったユーザー様のところに調子を伺いに行きました。

キュウリで比較栽培をされているところ。

左が化成肥料(普通のリン酸、カリウム肥料)、右がMリンPKです。

化成肥料のほうが茂っていてよさそうに見えるのですが・・・

上の写真は普通のリン酸、カリウム肥料を使った区画のキュウリ。
節間が長く、花の数もまあまあというところです。

Mリンを使用していただいたところでは、節間が短く、花数が多く感じられます。
実際に、Mリン区の方が「収量が多い」とのことです。

樹は小ぶりになるけど、たくさんとれる!とご評価いただきました

 

ところで。

写真の端々に写るネギ。

気になりますね~(笑)

実はこれ。害虫予防のために植えてあるもの。

コンパニオンプランツといって、違う種類の植物を一緒に植えて害虫を寄せにくくするという方法です。

こちらではネギとキュウリが一緒に植えられていました。

減農薬で栽培したい場合に有効です

2017.06.16|ブログ

ページの先頭に戻る

お客様の声

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る