『Mリン農法トピックス』は株式会社ミズホのオフィシャルブログです!

株式会社ミズホは、作物を健全に育て、美味しくて安全な農産物を作るための肥料と資材を取り扱っている会社です。

他社にはない「効くリン酸」を用いた「Mリン農法」による栽培を推進しています。

このブログでは農業技術やMリン栽培の様子、Mリン農産物、会社のアレコレ…など、最新情報を更新しています。

ミズホ会員様にはおなじみである隔月発行の「機関誌・THEミズホ」では伝えきれない情報を時差なく提供していきます。

更新日は毎週 月・水・金曜日です。
(会社がお休みの場合はブログもお休みします)

生産者、農業関係者の方のみならず、農業に興味がある方、
家庭菜園を行っている方のご来訪も心よりお待ちしています!

> 旧ブログはこちら

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

縮こまったジャガイモの葉

昨日から今朝にかけての雨で、暑い春が一段落しました名古屋では結構な量が降り、そのせいで畑もビチャビチャになりました。排水性の悪い畑は、こういう時に畑に入れず、作業が止まってしまうのが難点ですバクヤーゼ堆肥バクヤーゼKを活用して、少しでも早く改善していきたいところです

ところで、もうじきゴールデンウィークですね休みの長い方も、カレンダー通りの方も、大いに日頃のリフレッシュが出来ることと思います。とは言ったものの、農作物の管理に休みはありません。畑管理の人員は必要であれば休日でも畑いじりに出るつもりでいます

 

さて、ここしばらく別のことにかまけていて、二月末に植えたジャガイモの管理が全く出来ていませんでした久しぶりに畑内をのぞいてみると……

ジャガイモと雑草の区別がつかない状態でした…

 

これはいかんと、除草を兼ねた培土を行い、ようやく畑らしい見た目にまで戻しました。ですが、雑草が無くなりジャガイモが露わになって見直してみると、何だかジャガイモの様子が変……

ジャガイモの芽吹きってこんな感じ?こんなに葉っぱが内向きに丸まっていたかなぁ?

良く効くリン酸MリンPKで抑制が強くかかりすぎているのか、と考えて元肥の施肥を見直しましたが、窒素リン酸カリをバランス良く施用していますので、施肥の問題ではないようでした。

ミズホの先輩にこの写真を見てもらったところ「種イモの養分で動いている段階だから、施肥の問題ではなくて、水不足か種イモの問題」との意見をもらいました。水不足であれば、今朝までの雨で解消されたはずですので、近いうちに観察に行って、問題点の解明を進めて行きたいと思います

 

【おまけ】

ジャガイモ畑の手入れ中、一株に一匹の割合で付いていた虫です。

調べたところ、カブラハバチの仲間のようです。名前の通りアブラナ科を食害する虫なのですが、なぜナス科のジャガイモに群がっていたのかは分かりません幸いにジャガイモの葉はあまり食害を受けていませんでしたが、これからふ化する幼虫が悪さをするかもしれません。こちらも要観察ですね

ページの先頭に戻る

暑サニモマケズ

おはようございます 昨日は全国的に暑く、4月というのに30℃を超えた地域もちらほら この時期の暑さは体に堪えますが、今週は雨で一旦暑さが落ち着くという予報ですね

寒さが苦手な植物も、さすがにこれだけ暑くなれば大丈夫ということで、簡易のビニールハウスで越冬させていたアボカドとパイナップルを出してみました アボカドは4鉢中2鉢が元気で、パイナップルは5鉢中2鉢が元気だったということで、適度に数の整理ができたかな、と思っています

アボカド

パイナップル

また、室内で越冬していたパッションフルーツも屋外に出しました これだけ暑ければ、今年は実がつくところまで行けるんじゃないのかなと、ちょっと期待しています(写真撮り忘れました)

また、一角に居座るネギは、気付いたらネギ坊主が開いてしまっので、種を採ろうかと放置してます

そして今年も緑のカーテンとしてゴーヤ等を植えようかなと思案中なのでした

コメント

2018.04.23|

ページの先頭に戻る

苗づくり

急に暑くなってきましたね名古屋は本日最高気温27℃の予想週末は28℃まで上がるようですもう少しゆっくりと季節が変わってくれると、人間も植物もうれしいのですが、自然はなかなか言う事を聞いてくれませんね

さて、今年も私たちはバケツ稲に挑戦します現在苗作りの真っ最中1年目は苗箱で苗作りをしましたが、その後の作業を考えるとバケツ稲にはポット栽培の方が結果が良いということになり、現場とは違うポットでの苗作りとなっております

まだまだ1葉目が出てきたところ。連休前に田植えが出来ればと思っておりますが、間に合うかギリギリの様子です

急に暑くなってきたので徒長しないように、元肥にMリンPKを混ぜてありますよ

がっしり苗で今年は目指せ20,000粒

ページの先頭に戻る

明渠を作ってます

おはようございます。

弊社が始めている畑作り。
只今、明渠を作っています。

『明渠作ってます!』

と、いうと、何やらものすごいものを作っているように聞こえるかもしれませんが、要は水を逃がすための溝を作っているというだけ。
溝作りをしているというわけです。

と、いいますのも借りた土地が耕作放棄地&沼。
それはもう、見事な葦畑だった。。。という畑をやるには悪条件すぎる土地。
水がたまらないように、まずは溝堀りからはじめたというわけです。

しかし、相手は『沼』

正直手ごわい。

地面がぬかるみ、ユンボが動けなくなること数回。。。

掘った傍から水がたまっていく溝・・・。

溝が埋まらないようにモミガラを入れて

完成!
・・・のはずなんですけど。

作業は難航し、予定の1/3ほどしか進みませんでした。

この調子で沼から畑にすることができるのか?!
乞うご期待です!

ページの先頭に戻る

今日は何の日?

本日4月16日は、年に5~6回しかない『天赦日(てんしゃにち)』と言って、天が万物の罪を(ゆる)すとされ、暦の上で最高の日なのです

新しい事を始めるには、最良の日。
こんな日は、ゆったりとした気分でお茶しながら過ごしたいものです

ちなみに、お茶つながりで、(ちょっと強引ですが)
お茶の有数の産地、鹿児島県の生産者さんによると、
粉茶や粉末茶、お菓子の材料により多く使ってもらうため、栽培管理にも気を配っているそうです。

一般的にお茶栽培は、農薬を多く散布するのですが、
鹿児島県では、葉面散布を禁止するなどして農薬の使用を減らす対策をしています。

 

新茶が待ち遠しい時期になりましたねぇ~

追伸、今日、4/16の誕生花はチューリップ。
花言葉は、思いやり。

ミズホ駐車場にひっそりと咲くチューリーップとともに、よい一日を

 

コメント

2018.04.16|

ページの先頭に戻る

畑の苗作り始動!

春も深まり周りは葉桜だらけになりましたこれから次第に気温が上がり、草木も勢いづいていくのですね…ということを、試験圃場の雑草を見ながらしみじみ思います。

そう、また今年の「草との戦い」が始まります露地畑をお世話をしていると、つくづく草と虫との付き合い方だなぁと感じます。出来るだけ手間をかけないために、それらの環境を活かすことを念頭に置いて今年も頑張っていこうと思います。

 

さて、ミズホ本社屋上で今年の試験圃場の苗作りが始まりました

昨年より数を増やしましたので、上の写真くらいの量をあと3回作り、順繰り順繰り畑に定植していく予定です

今回蒔いたタネはこちら。

写真の端っこに何気なく写っているネギは「越津ねぎ」。あいちの伝統野菜で、今年の試験栽培の中で、圃場条件でも品種条件でも一番難しいものになります

ネギは根が非常に繊細で、初期生育にリン酸を効かせると、その後の生育が安定しやすいですミズホでは昔から先輩たちが言っていましたが、農研機構からも定植前にリン酸液肥にドブ漬け、またはリン酸液肥を散水してから定植すると良い、との研究結果も発表されています。

つまり、苗上手ブレーキB 400倍液を活用する、ということですね

野菜苗でも稲苗でも、なんでもお任せ苗上手好評につき品薄になりつつありますので、試してみたい方はお早めに

ご購入はお近くの代理店、またはミズホまでお問合せください。

コメント

2018.04.13|

ページの先頭に戻る

ブログ

2018年4月
« 3月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る