『Mリン農法トピックス』は株式会社ミズホのオフィシャルブログです!

株式会社ミズホは、作物を健全に育て、美味しくて安全な農産物を作るための肥料と資材を取り扱っている会社です。

他社にはない「効くリン酸」を用いた「Mリン農法」による栽培を推進しています。

このブログでは農業技術やMリン栽培の様子、Mリン農産物、会社のアレコレ…など、最新情報を更新しています。

ミズホ会員様にはおなじみである隔月発行の「機関誌・THEミズホ」では伝えきれない情報を時差なく提供していきます。

更新日は毎週 月・水・金曜日です。
(会社がお休みの場合はブログもお休みします)

生産者、農業関係者の方のみならず、農業に興味がある方、
家庭菜園を行っている方のご来訪も心よりお待ちしています!

> 旧ブログはこちら

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

サツマイモの収穫&キュアリング

遅い時間の更新となりました。

何をしていたかといいますと・・・

サツマイモの収穫を行っていました。

長雨とまあまあ高い気温のため、なかなか葉色が落ちず・・・

11月に入ってもこのように青々としていました。
これでは掘れないので、Pフォスタの葉面散布&MリンPKを(手荒くも)葉の上にバラマキ!

2回雨が降りMリンが効いたのか、それとも気温も下がってきたためか、10日後に

何とか葉色が落ちました。ヤッター

そして急に寒波がやってくるそうなので、あわてて芋ほりを行った次第です。

そこそこの収穫が出来、一安心。

 

ところで、青果物の多くは収穫直後が新鮮でおいしい!のですが、サツマイモは別。
デンプンを糖に変える熟成が必要なのです。

そのために行うのが、「キュアリング」。
このキュアリング。
32~34℃に保って湿度を100%にし、無風状態にして5日ほど保管する。
という、何とも難しい条件にしなければならないのです
家庭では発泡スチロールに入れて冷蔵庫の上に置いておく、地面に穴を掘ってワラをしいて埋めておくといった方法で行うこともあるそうなのですが、失敗して腐ってしまうことも。
・・・そんなワタクシもキュアリングをしようとして多くのサツマイモを犠牲にしてきました。。。

しかし、ここは研究室を擁する会社!
温度を保つ機械はある!
と、いうことで研究室の孵卵器をかりてキュアリングにチャレンジ!

湿度は濡れ新聞で確保! できるのか?!

心配をよそに、案外、温度と湿度を保つことができました

掘りたてのイモを食べたときの反応は(←なんだかイマイチ)
キュアリング後のイモを食べたときの反応は(←甘くなった
どうやら成功したようです

キュアリングはイモの傷をコルク化してふさぐためにも行います。
甘くなって保存性も良くなるので、サツマイモ産地では欠かせない技術です。
キュアリング技術を獲得したミズホ!
サツマイモ作りにも力が入ります

コメント

2017.11.17|

ページの先頭に戻る

病気に負けないタマネギをつくる!

今月は、講習会シーズンのため、全国各地に営業マンが飛び回っています

この時期は、タマネギの定植時期のため生産者さんから『タマネギ』について、多数のお困り事を受けます。
『収穫してすぐ腐ってしまう…』
『病気が出て困ってしまう…』

これらの問題解決には、『MリンPK』がお勧めです

元肥にMリンPKを施肥することで、根量を増やし玉の肥大につながります。

病気に負けない締まったタマネギは、定植から越冬までに、いかに根を作るかがポイントです。

元肥のリン酸は毛細根を増やし、玉の肥大初期のリン酸は展葉を促し、肥大後半のリン酸は、甘味をのせ、締まった腐りにくい玉を作ります

タマネギは、リン酸がとっても大好きなのです

 

 

 

コメント

2017.11.15|

ページの先頭に戻る

今年のみかんの出来は?

冬の足音ももうそこまで近づいてきましたミズホのある名古屋でも、最低気温が一桁になるのが連日となりました。私事ではありますが、そろそろサツマイモの収穫をしなければなりませんね

さて、タイトル通り、そろそろみかんの収穫時期になってまいりました今年は全国的にみかんは調子が悪いと聞いていますが…

今はこのような状態になっています少し手前側の葉が少なくて寂しい感じがしますが、実生りの方は多めです

 

この実の質はこの通り、鳥さんが保証してくれています。

鳥に全部食べられないように、嫌がらせ程度にリーフアップバリアを散布したりしていますが、効果のほどはあるのか要観察ですね

コメント

2017.11.13|

ページの先頭に戻る

冬に向かってまっしぐら!

おはようございます 今日はちょっと冷え込みましたが、来週はさらに気温が下がる予報となっています 僕にとっては過ごしやすい季節がやってきて嬉しい限りですが、みなさんは風邪をひかないようにくれぐれも気を付けて下さい

今日は我が家の家庭菜園?を取り上げます

まだがんばっているパッションフルーツですが、そろそろ寒さが堪える季節になってきたので、室内に移してあげようかと思います

パイナップルとアボカドもそろそろ寒そうな季節です思っていた以上に鉢が多くなってしまったので、室内には置かず、このまま日当たりのいいところで耐えてもらおうか思っています

こちらはプランターのレタスです種類は忘れてしまいました…涼しくなって虫がいなくなり、とても見栄えよく育っていますサラダで美味しくいただけます

柚子は色付いてきました皮を削って香りを楽しんだり、お風呂に浮かべたりしています

同じく柑橘類の金柑はもう少しといったところでも、毎年気づいた頃には空から飛来する何者かが食べていってしまいます

今回はこの辺で失礼します

コメント

2017.11.10|

ページの先頭に戻る

さつまいもの状況確認

試験圃場のサツマイモの様子を確認に

べにおとめと鳴門金時です

  
まだ葉が青々としていますが、試し掘りしてみました
もう少し葉色を落としたいので苦土入りスーパーMリンPKのばらまきとPフォスタの葉面散布を
今日の雨でリン酸が効くと良いのですが

試し掘りのサツマイモは社内で焼き芋になんと焼き芋専用の土鍋が登場しました

まだ若いので甘味は軽めですが、食感はほくほく

本収穫が期待できそうですね

ページの先頭に戻る

北海道発!連作障害って何

先日、今年からMリンPKを使用し始めた軟白ネギ生産者さんを訪問し色々話しをしてきました

ネギ栽培を始めて30年近くなるそうですが、『殆ど連作障害が出たことがなく土壌消毒もしていない』という事でした

軟白ネギを栽培しているところでは、殆どと言っていいほど大なり小なり連作障害で困っている場合が大半です

 

聞くと収穫が終わってすぐに堆肥をどっさり入れているそうで、その量は1ハウス100坪に約3t近くの量を毎作投入しているそうです

一般的にハウスの場合、一年間に消耗する腐植の量は10a当たり約堆肥2t分と言われているので堆肥の施肥量は2~3t以上(目標は4~5t)が目安になります。

その生産者さんは、2~3倍の堆肥を毎作入れているから驚きだ

 

結果的に、それだけの堆肥の投入は根張りの良い環境になり有効微生物が豊富で、土の団粒化で保水性・透水性・通気性・保肥力に富んだ地力の高い病気にも強い土壌になっている

 

収量も平均でも10tは取っているそうで、一番古いハウスが一番収量があるそうです

悩みと言えば毎作大量の堆肥を入れているので年々、畝が高くなっている為、作業する時に機械を入れるのに難儀するそうだ。

 

 

 

改めて堆肥の重要性を認識しました

コメント

2017.11.06|

ページの先頭に戻る

ブログ

2017年11月
« 10月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る