新着情報

アルプス乙女。

今日は某国の大統領選挙。我が国にどのような影響を及ぼすのか?TPPはどうなるのか?世間のホットな話題…は、今日ここではイタシマセン(衝撃が強かったからではないですよ)

 

下の写真は長野県の北から大町市に向かう途中の北アルプス。秋の終わり・初冠雪の頃は、白馬村では「初雪の白」「紅葉の赤」「針葉樹の緑」の三色からなる、「白馬三段紅葉」です。

あ、3色の光景(場所)は、一瞬。ちょっと遅かったかな。。

 

 

さて、今日のブログのタイトル「アルプス乙女」ですが「ミニリンゴ」です。直径5センチ程度で重さ30〜50グラムの小さな小さなかわいいリンゴ。 

国内では23ヘクタール程度の栽培面積で8割近くが長野県で作られています。食べても美味しいんですが、「観賞用」としても注目されているそうです。

 中でもこの「アルプス乙女」は「ふじ」と「ヒメリンゴ」を親に持つミニリンゴの中でも一番人気とか。「ゲ〇のなんちゃら乙女」ではありません。

味はと言うと、酸味がちょっと立っているように感じますが、小さいながらも甘味があり果汁も多いです。

 

※美味しい「アルプス乙女」の目利き。農家さんに聞きました。

『軸がピンとしていて果皮にツヤとハリあるもの。だから乙女なんじゃよ』、と。

軸が、”真っ茶色”なのは「鮮度が悪い」=「パサパサりんご」なんで、ご注意ください!

 

2016.11.09|ブログ,果樹

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP