新着情報

ぼっち。

「ぼっち」です。

どこかで見聞きされたり、ご存じの方はいらっしゃるでしょうか?(あ、「ぼっち」と言っても社内での私の事ではありません

 秋の千葉の風物詩です。

千葉市郊外の内陸部、八街市は、落花生の収穫量が日本一の産地 。その八街市で晩秋になると畑に現れるのが、このぼっち」

土から掘って収穫した落花生の株を、逆さまにして1、2週間、畑で乾燥させます。これを「地干し」と言います。「地干し」の後に上記の写真のように円筒状に積み上げます。この積み上げられた落花生の山を「ぼっち」と言い、積み上げる事を「ぼっち積み」と言います。

積むときに木が湿っていると「ぼっち」の中で落花生の莢が「カビ」てしまいますので要注意です。そのため、「ぼっち」を積むときは晴天の日に行います。今年は結構秋の晴天続きで作業が随分はかどったと聞きます

落花生の株は、こうして 1ヶ月程この状態で自然乾燥する事で、豆の苦味が抜け、甘味と油がのり、コクと旨みが生まれ、あの「やめられない止まらいない」美味しさになります。

ちょうど、平成26年産の「新豆」の季節になりました。ビールのお供にいかがでしょう!

 

 

 <余談> 家庭菜園でも比較的栽培される方が多い落花生。   ではなぜ、「落花生」というかご存知ですか? (解りやすい説明はこちら

POINTは、

①連作環境には十分気をつける、

②排水環境を良くしておく、

③開花前から莢の肥大期には、リン酸とカルシウムをしっかり効かせ、空莢(カラサヤ)にならないようにする、の3点です。

(オススメ資材は、MリンPKとリーフアップCaデスヨー

 是非、チャレンジして見て下さい

 

—————————————————————

「Mリン農産物プレゼント最終回」締め切り間近!

—————————————————————

 

2014.11.17|ブログ,時事,畑作

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP