『Mリン農法トピックス』は株式会社ミズホのオフィシャルブログです!

株式会社ミズホは、作物を健全に育て、美味しくて安全な農産物を作るための肥料と資材を取り扱っている会社です。

他社にはない「効くリン酸」を用いた「Mリン農法」による栽培を推進しています。

このブログでは農業技術やMリン栽培の様子、Mリン農産物、会社のアレコレ…など、最新情報を更新しています。

ミズホ会員様にはおなじみである隔月発行の「機関誌・THEミズホ」では伝えきれない情報を時差なく提供していきます。

更新日は毎週 月・水・金曜日です。
(会社がお休みの場合はブログもお休みします)

生産者、農業関係者の方のみならず、農業に興味がある方、
家庭菜園を行っている方のご来訪も心よりお待ちしています!

> 旧ブログはこちら

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

まっすぐなお芋

自然薯を生産されている方よりうれしいご報告

Mリン資材を使ったら、思うような自然薯が出来るようになったとのこと

お客様は化粧箱入りにして自然薯を販売しており、その化粧箱にキレイに入るような細長い自然薯を生産したかったとのことですが、昨年までは思うようにいかず、太短い自然薯ばかり出来てお困りだったそうです自然薯は細く真っすぐ長いものが市場価値が高いとのこと

今年から、バクヤーゼKとMリンPKを使用するようにしたら、根がとても良く伸び、化粧箱のピッタリの細長い自然薯が生産できるようになり、とても喜んで頂けました特別栽培をされている方なので、有機由来原料100%のバクヤーゼKを土作りにも、追肥にもご使用になられたそうですよバクヤーゼKは土作りにもボカシ肥としても使えて、とても便利な肥料です

 

 

ページの先頭に戻る

新入社員奮闘記!親芋もほくほく

最近はすっかり冷え込んできて、朝晩がつらい日が続いてきました一部地域ではインフルエンザが流行っているそうなので、予防と水分補給をし、暖かくしておすごしください

さて、最近はずっとアグリ部の収穫物の出荷を担当しています


先日まではさつまいも、最近はみかん、里芋、レタス3種類を引き続き

わくわく広場 イオンモール千種 
わくわく広場 イオンモール新瑞橋

で販売しています。近くの方は、ぜひお越しください。

先日社内のキッチンにて親芋(さといも)を調理していたら・・・


某夢の国のキャラクターに見えてきました(笑)



ぬめりをとったあと、ことこと茹でて


みそをつけて美味しくいただきました

下処理など手間はかかりますが、時間をかければ美味しく食べる事ができました
家では加圧鍋でふかしています豚汁も美味しかったですし、コロッケもほっくほくで良かったですよ
自分の家庭ではあまり食べる機会があまりなかったですが、新しい発見となりました

ページの先頭に戻る

新入社員奮闘記!ミカン出荷

最近は朝晩の冷え込みが厳しくなってきました体調を崩しやすい季節ですので、十分ご自愛ください

さて、アグリ部では今年もミカンを出荷します

大きいものも小さいものも甘くてジューシーなので、食べごたえあり

このPOPを見かけたら、是非手に取ってみてください

名古屋では、わくわく広場さんのイオン千種、イオン新瑞橋にて販売いたします

寒い季節の風邪予防に、美味しいミカンうをぜひご賞味ください

ページの先頭に戻る

新入社員奮闘記 ミカンの糖度測定

おはようございます 

先日ミカンの糖度を測定しました

今回使った糖度計がこちらです

精密機器なので壊さないか心配でした

測定というよりも実験みたいで

少し緊張しましたがなんとか無事にできました!!

今回糖度を測定した品種は宮川早生なのですが

糖度とコクをだすために

リーフA液剤

リーフアップバリア

Pフォスタ

をそれぞれ500倍で希釈して使用しました!!

その結果、現段階で糖度が11.3度 酸度が2.2度

を超えるものもできました!

収穫がとても楽しみですね

しかし、、、切ってる最中にいい匂いがして

おなかがすいてしまいました(笑)

食欲の秋は恐ろしいですね

皆さんも食べすぎには気を付けながら

秋の味覚を楽しみましょう

 

 

 

ページの先頭に戻る

新米

食欲の秋

新米の季節がやってきました。
ちなみに、『新米』とは、JAS法によると、収穫年の年末までに精米されたものをさすのだそうです。

ミズホにも生産者さんから新米が続々と届いています
なので、社員一同、お昼ごはんの休憩時間が大試食会となります



米の品種、粘り、香りなどを問うアンケート用紙に、感想を各々記入します。

食べた感想も人それぞれで、甘みを強く感じたり、もちもち感だったり、粒張りや香りを重視したりと、まさに十人十色です。

ちなみに昨日試食は、収穫前にPフォスタを5回も散布するなど食味にこだわった生産者さんのお米。
もちろん、社員一同、試食の量を超え、モリモリ美味しくいただきました

 

 

 

ページの先頭に戻る

ほくほくのお芋

今年もさつまいもの時期がやってきました

さつまいもを美味しく食べるには、やはり焼き芋でしょう・・・という訳で出荷できないお芋を焼き芋にして頂きました今年も焼き芋鍋をお持ちの方に会社へ持ってきてもらい、弱火でじっくりと1時間焼き芋は弱火でじっくりと加熱した方が美味しく仕上がるんだそうです

ところで、お芋はキュアリンク処理をしてあるものの方が長期保存ができ、お味も美味しくなります今回、キュアリングの有無を隠して、社員のみなさんにお芋を食べてもらったところ、キュアリング済のものの方が美味しいという方が多かったです

キュアリングとは、一定の条件に芋を貯蔵することで、芋の傷口や表皮の下にコルク層をつくり、傷を治して病菌の侵入を防ぎ、長く貯蔵する方法で、更に収穫直後にキュアリング処理を行うことで糖の含量も上がるそうです

スーパーでさつまいもを選ぶときには、手がかかっているため少しお値段は張るかもしれませんが、キュアリング済と表示されているものがおすすめですよ

ミズホのお客様で九州でさつまいもを作られている方は、根系施肥ではMリンPK、栽培の最後にPフォスタリーフアップCaを散布して、葉の黄化を促進させておられます収穫したさつまいもは学校給食で提供されたところ、お子さんたちからとっても美味しいとの声が上がったと先生より生産者様にご連絡があったとのことですとても喜ばしいですね

さつまいもにもリン酸、おすすめです

 

ページの先頭に戻る

ブログ

2019年12月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る