新着情報

Mリン自然薯2

先週金曜のブログでも紹介した自然薯。
その一部をブログネタのために保存しておきました。
(食べるのをグッと我慢しました

スーパーなどで自然薯を選ぶ際の基準として、
「切り口の白いものを選ぶと良い」を言われます。
質の悪い自然薯は時間が経つと、切り口が酸化して茶色くなります。
ところが質の良い自然薯は、白いデンプンの割合が高いため、酸化しても茶色が目立ちにくくなります。
これはリンゴなどの他の作物にも同じことが言えます。

「鮮度持ちがいい」というのは消費者だけでなく、
流通業者にとっても嬉しいですよね

切って5時間経っても真っ白なままでした。自然薯の切り口

ちなみに、自然薯を食べると手や口の回りがかゆくなりますよね
これはシュウ酸カルシウムという成分が原因で、
針状の結晶がチクチクと刺さるために起こります。
かゆみが原因で自然薯を嫌う方もいるようですが、
酸に非常に弱い成分ですので、お酢をガーゼなどに染み込ませて患部を拭くと良いですよ

2014.04.21|Mリン農産物,ブログ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP