新着情報

霜対策

厳しい寒さが続いています。ココ名古屋でもバケツの水が氷るほどの冷え込みです

 

こちらは、鹿児島の茶畑の様子です

霜がしっかり降りてしまっていますが、これが茶園の『潜熱』を利用した霜対策

潜熱(センネツ)とは、個体から液体、液体から気体など状態が変化する時に使われる熱のことで、
エアコンのおかげで部屋で快適に過ごせるのも、汗をかいて体温を冷やすのも、
氷入りのジュースが冷たいまま飲めるのも、すべて潜熱の作用なんです。

つまり、個体から液体、液体から気体になる時は、外部から熱を奪い、
液体から個体、気体から液体になる時は、外部の熱を放出しているんです。

 

こちらの茶園では、茶葉にスプリンクラーで水(液体)を撒き、霜(個体)が降りるときに外部の熱を放出。
霜(個体)が溶ける(液体)昼間は、外の空気の熱を奪う。

つまり、外の冷たい空気から熱を放出したり、奪ったりして、
茶の樹がさらにマイナスにならないよう防いでいるそうです

 

ちなみに、ミズホでは凍結・霜対策に『リーフSG』をお勧めしております

 

 

2021.01.20|ブログ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP