新着情報

冬の農家の恒例行事!餅つき、剪定、自家配合!

先週の暖かすぎる冬から一転、平年並みの気温に落ち着いてきた名古屋です今年は久方ぶりに霜を見ました。霜柱までは出来ていませんでしたが、枯れ草や土の表面が白く覆われてキラキラしている光景を、初めて見る子供が「雪だー!」とはしゃいでいました。私が子供の頃は、冬のこの光景は日常でした地球環境が速足で変わっていく中、元々の景色の一端だけでも子供に知ってもらえてうれしく思ったところでした

さて、子供は風の子、大人は火の子温かい室内でぬくぬくしているのも冬の醍醐味ではありますが、寒い所で体を動かすのもまた一興。ということで、Mリンカリンの自家配合ですMリンカリンは過リン酸石灰を発酵させる酵素微生物です。Mリンカリン単体では肥効がありませんが、過リン酸石灰など所定の材料と混ぜて、発酵熟成させることで、リン酸吸収率が格段に向上した肥料が出来上がります。出来上がったPK肥料を「MリンPK」と呼んでいます。味噌やどぶろく作りと一緒で、冬はMリンPKの仕込みの時期です剪定作業の合間や、春作準備の始まる前には、MリンPKの仕込みを済ませておきましょうね

2021.01.18|Mリン農法資材,ブログ,時事

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP