新着情報

耐病性強化に

昨日、気象庁から向こう1か月予報も発表されました

東・西日本と沖縄・奄美では、寒気の影響を受けやすく、気温は、平年並か低くい予報が出ています。

一か月の降水量は、西日本は、平年並みか少ない見込みです。 また、日照量は、北日本日本海側の日照時間が平年並が少ないようです。

 

 この時期、作物に大切なのは、強い体になってもらうこと

 そこで、おすすめなのは、耐病性強化の『リーフアップバリア』です

 有機酸が作物をしっかりガードして、代謝を促進させ、養分転流がスムーズに行われます。 なので、品質・糖度が向上します。

 降雨後や曇天のとき、蛾や蝶の飛来を見かけたとき、作物の軟弱生育のときにご使用ください。

 

 ちなみに、有機酸とは炭素(C)、酸素(O)、水素(H)から出来ている物質のことです。

生物の体を構成するタンパク質も、エネルギーとなる糖、脂肪も炭素、酸素、水素から出来ています。

したがって、有機酸は炭素、酸素、水素からできている酸ということになります。

植物の生育でかかせない、有機酸の一つ『根酸』は、根から分泌され、根圏を弱酸性にします。

2020.04.17|Mリン農法資材,ブログ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP