新着情報

”米1GP”(こめわんグランプリ)  の一コマから   (連載・其の一)

本日もまた遅い更新時間となりました。お待たせしてスミマセン

今年は暖冬ですね…と話していたら、昨日から急に「寒波襲来

この本格的寒さへの対策を前もって準備されていると思いますが、まだの方は、11/28ブログの「冬の栽培管理」をもう一度お目通しくださいね!

 

さて本題。今日のタイトルですが…

じゃん

こちらの写真は、先週末、埼玉県のヤンマーアグリジャパン川島支店さんで開催された展示会での一コマです。

「美味しいお米を作ろう!」というテーマの元、通常の農機販社の展示会とは一味違う「参加型展示会イベント」でした。

 ここ、埼玉県比企郡川島町は「コメどころ」産地と比べると、環境も気象条件も恵まれているわけではありませんが、農家さん一人一人が「うちのコメがイチバンうまい!」という思いで熱心に米作りに取り組んでいらっしゃいます。

 

この日は、静岡製機さんをはじめ、各メーカーさんの協力もあり、ヤンマーさんの「今年できたお米を一合程度持ってきてください!」という呼びかけに応じて、「食味測定」ブースには長蛇の列が出来ていました。

 

「ウチのコメは何点なんだろう?」

「今年は、Mリンさんを使ったから、なんか粒が大きくなった気がする!」

こちらの写真は、この日、すぐ測定された米粒の測定結果。

水稲の米品質上問題となる「胴割粒」。こちらの方は胴割粒の割合も非常に低く「食味点数」にも期待が出来る新井さんの簡易結果。

残念ながら、その日には「食味点数」計測するだけの時間が無いくらいの「エントリー過多」だったため、「評価内容」や、ランキング詳細は「事後発表」ですが、大変楽しみです。

 

ブース隣で行った「美味しい米作り・ミニ講習会」では「来年に向けて」耳を傾けて下さる方が多くいらっしゃいました。

「 食味」についてと、講習会の内容は、ちょっと長くなりそうですので、次回の「ブログ当番」の時にお話します!

 

 

2014.12.03|Mリン農産物,ブログ,社員奮闘記

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP