新着情報

似ている植物にご用心

先日名古屋市の市民講座に参加してきました内容は「薬用植物」についてということで、名古屋市立大学の薬学部にお邪魔してきました久しぶりの大学の雰囲気にわくわく

「生薬(しょうやく)」とは天然由来の医薬品のことをいいますが、「生薬」=「漢方薬」ではなく漢方薬が生薬を原料としているのでそう感じてしまうだけで、西洋医学においても生薬は使用するとのことでした

名古屋市立大学の薬用植物園で見学できる植物は400種類もありますが、その中でも間違えやすく気を付けたい植物はこちらです

ギョウジャニンニクとイヌサフラン、ドイツスズランです。この中ではギョウジャニンニクのみが食用できますが、イヌサフランもドイツスズランも最悪死に至ってしまう危険な植物です。写真だと少しわかりにくいですが、もう少し幼い頃はとてもよく似ているそうです

実際5月の頭に岐阜県の産直で、ギョウジャニンニクとイヌサフランを間違えて売ってしまい、購入者の方が食中毒を起こすという事故が起こってしまっています

ギョウジャニンニクとイヌサフランの違いは香りと葉の巻き方とのことでしたが、素人には見分けがつかないくらいです食中毒を起こさないように、栽培をする場合には似ている植物は隣に植えないように気を付けましょう

 

2016.05.20|社員奮闘記

PAGETOP