新着情報

社員奮闘記「稲負け」

雨ニモマケズ 風ニモマケズ
雪はないけど、夏ノ暑サニモマケズ

6月7月は稲作現地研修のピークです。
生産者にとっては、お互いの圃場を見学したり、勉強会の場になったり。
我々にとっては、生産者の声を直接聞いてコミュニケーションを取る重要な機会です。

この現地研修では、株を引き抜いて根の状態を観察したり、
茎を裂いて中の幼穂を確認したりといったことを行います。
当然、圃場の中に入るわけですが、

先週の金曜にうっかり半袖で現地研修を行ったところ・・・

稲負け
今日になって多少マシになりましたが、
まだミミズ腫れのようなものが残っています。
猛烈に痒いです

ちなみにこれ「稲負け」というんだそうです。
稲の葉で切り傷ができたり、かぶれ症状が出たりするらしい。
特にMリンPKで固くなった稲の葉は凶器です

実家でも米作ってたけど、こんなことはなかったのになぁ・・・
年をとって体が弱くなったのか、ワタクシの心と同じように
繊細な体になってしまったのだろうか~♪

次回からはしっかりと長袖を着ていこうと思います。

2013.07.08|ブログ,社員奮闘記,稲作

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP