新着情報

デンプン工場の生産能力向上

おはようございます。

あいさつは、笑顔で元気に気持ちを込めて。

今日も一日よろしくお願いします。

 「美味しいエダマメはMリンで」がキーワードの新潟のとある種苗会社さん。

 

先日、そんな「笑顔で元気な」老若男女の生産者が集まり、新潟市内の種苗会社さんの直売所2階で「Mリン講習会」を行いました。

 

 

・病気が出て困る

・歩留まりが悪い

・美味しくない

・突然しおれる

・形が悪い

…いろんな「お悩み事」をお持ちとの事。

 

・天気が悪かった

・苗が悪かった

・肥やしが悪かった

・手をかける暇がなかった

…いろんな「言い訳」もお持ちとの事。

 

 

でも同じ条件下で、「うまくいく人」「うまくいかない人」がいます。

何故でしょう?

 

理由は、知っている事を、「やったか、やらなかったか」

 

「当たりのことだ!」「そんなこと知っているよ!」と言われている「光合成」。

 

「解りやすく」説明しました。

 

植物は光合成をします。

これを「デンプン製造工場」に例えるとこうなります。

 

 

 

「窒素」=工場の「材料」「原料」

「リン酸」=工場の「職人」

「カリ」=工場の「運び屋」

「マグネシウム」=工場の「機械」

「カルシウム」=工場の「建材」

 

そもそも、原料(=タンパク質の原料)が無ければ「製品(=デンプン)」は作れません。

もちろん、作る人(=ATP原料)がいなければ「製品」は作れません。

そうして、供給原料や出来上がった「製品」を根っこへ実へ運ぶ人(体内移動運搬役)も必要です。

それから、生産効率を上げる機械(葉緑素:クロロフィル)がないと生産力は上がりません

さいごに、生産能力を円滑促進する副材(植物細胞の接着、酸の中和)も必要です。

 

 

以下の2枚の写真(新潟イチゴハウス:越後姫)の、光の差!

でも、2枚目がMリン使用区です。比べると、品質◎、収量◎です。

  

主要3+2要素をバランスよく「効かせる」事が大事。

定説上、リン酸は一番効きにくいと言われる。

 

その「リン酸」を一般資材以上に飛躍的に「効かせる」技術がMリンにはあります。

 

だから、Mリンは長く愛され重宝されています。

 

「きっかけ」をお伝えし「問題解決」して頂くべくミズホ指導員は日々日本全国行脚しています。

 

あとは、自分で納得して、「選択」をしてください。

 

 

2016.04.22|ブログ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP