新着情報

コンニャクイモの収穫

こんにちは。
急に冷え込んできましたね。
名古屋も急に寒くなりました。
今年はしばらく暖かそうだからと、マルチなしでタマネギを植えてしまいましたが、やっぱり寒い!
早くワラマルチをしてあげなきゃ と思っています。

さて、先日、外回りの者が、コンニャクの収穫に行ってきました。

コンニャクイモは上の葉を枯らせてから収穫を行います。

木のようだったコンニャクの草が、枯れています。

そして、次は収穫直前の畑の様子。

・・・なんだか、すべてが終わってしまったかのように見えますが
よーーく見ると、イモがあるんです。

ぴょいんと出ているのがコンニャクイモ。
機械で掘り起こしていきます。

そして収穫されたものがこちら。

コンニャクは今が旬。
コンニャクイモは腐りやすいので、生芋から作ったコンニャクが食べられるのは今だけ!

生芋から作ったコンニャクはもっちりしていて、シャキッとしていて、とても美味しいそうです。

訪問した者がコンニャクイモを貰ってきたので、今が旬!のコンニャクが食べられそうです。
・・・が、どうやってコンニャクにしたらよいのだろう・・・?と社内で頭を悩ませています

 

 

2013.11.15|Mリン農産物,ブログ,畑作

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP