新着情報

イネヨトウ

先日、イネヨトウが発生している田んぼを見ました。

葉が枯れ上がっているのは、イネヨトウの食害のせい。

根元を食べて、葉を枯らせてしまいます。

根元からやさしく抜くと、虫が出てきます。

この虫はあまり移動しないので、畦際3列くらいまで食害したら成虫になって飛んでいきます。

害としてはそれほど大きくはなりませんが、成虫で越冬するため、成虫を増やしてしまうと次の年に大発生してしまいます。
成虫を増やさないためにも、ある程度の対策は必要です。
数がそれほど多くない場合は、手で取り出してつぶすのが一番の対策なのだそう。

また、雑草内で越冬しますので、周りに雑草がない環境をつくることも対策の一つです。

2014.07.14|ブログ,病気・障害・害虫

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP