新着情報

イネのウンカ害

おはようございます

愛知県では22年ぶりにウンカ警報が出ています。

愛知県はまだ晩生品種の稲刈りが終わっていないところもあり、こちらで害が出ているようです。

実際に、ほ場ではウンカ害を受けているところも見受けられます。

円形に枯れ上がっています。
ミステリーサークルではありません。

枯れ上がっているところがウンカの害を受けたところです。

ウンカが茎の汁を吸ってしまい、枯れてしまうのです。

倒れたところの収穫は望めませんし、倒伏が広がっていってしまいます。
多発すれば、大変な被害となります。

今年は暖冬の影響で越冬数が多いとされていましたので、被害県も増えています。
まだ刈取りが終わっていないところで、被害が出始めているところは早めに刈り取るのが対策だそうです。

来年に向けての対策も必要です。
ウンカはひこばえや雑草の中で越冬します。
来年のウンカを増やさないように、刈り取った後の田は素早く耕起しましょう。

 

耕起の際にはバクヤーゼKの散布もお忘れなく!

ワラの分解をしっかり行って、害虫が越冬できないようにしておきましょう!!

2020.10.26|ブログ,稲作

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP