新着情報

イチゴの石灰欠乏

先週、関東地区の某所、イチゴ園にて。

一般的に言われている「暖冬」の影響で、「非・Mリン区」のイチゴは、徒長気味に生育中。

「花梗枝」も細いですね。

「味のり」「糖度」も今一つとの事。

 

 

もっと、果実のシマっている、糖度だけではなく、味の乗りが良いイチゴにしたいという生産者。

「MリンPK液肥の素」のカン水をし始めました。目的は窒素過多の解消です。

 

歩みを進めると、おやおや…

これは、「イチゴの石灰欠乏」の症状ですね。

窒素過剰および、カリ過剰と若干似ていますが、石灰欠乏では新葉が淡色化するので見分けられます。

 

ちなみに…

<石灰欠乏が発生しやすい条件>は

 (1)窒素過多や、カリ過剰で、石灰吸収が抑制される時。

 (2)過乾燥条件になった時

 (3)根の活力低下の時

です。

 

こんな時は、

リーフアップCa + Pフォスタ(各500倍液)の葉面散布をお勧めします。

速効的に、石灰の補給、窒素過多解消を行います。

そして、

状態を見て、リーフA液材(500倍液)の葉面散布をしましょう。

目的は、栄養補給とダニ対策にも効果があります。

 

それでは、今日は、さらっと失礼します。ごきげんよう。

 

2016.03.02|ブログ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP