「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

美味しい贈り物

最近梅雨らしく蒸し蒸しとした天候が続いていますね名古屋も晴れると暑く、曇りや雨だと蒸し暑い状態です。南の方は梅雨が明けてきたようなので、名古屋もあと2週間くらいでしょうか。植物も病害にかかりやすい時期ですので、気を付けて下さいね

さて、ミズホにはお客様から美味しい贈り物が

アムスメロンとタカミメロンどちらも香りのよい緑肉のメロンです

メロンは皮の近くが固く、甘味が乗りにくいのですが、MリンPKやPフォスタを使うと、一般的に水を絞る栽培後期でも水を与えることができるようになるため、皮の近くまで柔らかくで甘いメロンができますよ

戴いたメロンも糖度16.5度皮の近くまですっとスプーンが通って美味しく頂きました

2018.06.29|ブログ

ページの先頭に戻る

機関誌平成30年7月号を発刊!

機関誌平成30年7月号は6/25に発送致しました。

なお、お届けには1週間程度かかる場合もございます。

内容は下の表紙画像をクリック!

2018.06.27|NEWS

ページの先頭に戻る

スリップス=アザミウマの害

おはようございます

急に暑くなりました

外での農作業は、くれぐれも熱中症にご注意ください。

 

さて、先日、変形果が沢山つくんだけど?とご相談を受けました。

写真のオクラであれば、低温や微量要素欠乏が原因とも考えられます。

が、まず最初に確認すべきは「花」。

花の中に小さな虫がいないか確認をします。

虫が潜り込んでいたら、それが原因。

スリップス=アザミウマです。

花に潜り込み、実に傷をつけます。実が大きくなるにつれて傷も大きく成長し、傷果となってしまいます。

ネギの大敵と言われているスリップス。

意外と様々な野菜や果樹につき、傷果の原因となります。

虫が来ないような栽培をすること。
窒素過多の生育では、虫がつきやすいので健全生育をさせること。
適時殺虫剤も導入すること。
などの対策で被害を減らすことができます。

 

ハウス等の閉鎖空間では、リーフSGの葉面散布でスリップスの害が減少したという事例がありますヨ


2018.06.27|ブログ

ページの先頭に戻る

調節肥のススメ

宮崎県の生産者さんの圃場にて

もう既に出穂です

というのも、通常の田植えより2ヶ月以上早い、3月上旬に田植えをした早期コシヒカリ。
6月13日に出穂しました。

ちなみに出穂とは、読んで字のごとく、穂が出ることで、
通常は、5月田植えの8月上旬に稲の出穂期を迎えます。

Mリン農法では、出穂30日前の茎数目標は、
コシヒカリで1坪あたり1,200本。葉がピンと天をついきて硬く立ち、開帳型で株元まで光や風が通るのが理想的な稲の姿です。

反対に、過繁茂で葉色が濃く、茎が垂れて柔らかく、下葉が枯れ、株間が見えない場合、倒伏する危険性が高くなります。

そこで、効くリン酸『MリンPK』の出番

出穂35~45日前に調節肥で倒伏対策と茎数を確保します。
施肥量の目安は、MリンPK20~30㎏/反。

施肥後、5~7日で葉がピンと立ち、硬い稲に変化します



2018.06.25|ブログ

ページの先頭に戻る

東北地区 現地研修予定

東北地区の現地研修会スケジュールを更新しました。

http://www.mizuho.to/mizuho/eventinfo/

2018.06.22|イベント情報

ページの先頭に戻る

ジャガイモの収穫

梅雨に入ってしばらくは、日本の南側を通った台風の影響で晴れ間が続いていましたが、今週に入りやっと梅雨らしい天気になって参りました梅雨の時期はMリン農法の強みが発揮でき、周りの人と差を付けられる季節ですが、農作業するミズホ社員にとっては雨の合間を縫った作業に追われる時期でもあります

 

先日、2月末に植えたジャガイモの収穫を行ってきました雨上がりの次の日の収穫でしたが、適度な湿り気で土離れも良く、思ったより苦戦せずに済みましたとは言うものの、圃場の排水性がまだ十分に改善できていませんので、品種によっては土壌水分が多すぎて極端に生育の悪いものもありました弱り目に祟り目のことわざ通り、排水性が悪く生育の悪い品種のウネでは、たくさんのオケラに出くわしました。ジャガイモを作ったことのある方はご存じだと思いますが、オケラがいるということは、イモが食べられるということです

 

このように大きな食べあとが残っていました。食べる分としては削ぎ落せば問題ありませんが、あまり気味の良いものではありませんね調べたところによると、オケラは植物の根、ミミズや幼虫などの土中動物を食糧として、水を好む性質があるようです。

被害の多かったウネは、土壌水分が多いことがオケラ好みで、さらに土中有機物に寄せられたミミズなどの土中動物が集まり、オケラのエサも豊富。オケラにとって好適な条件となったことが、虫食いの多かった原因だと考えられます。

 

【追伸】ところで、このオケラ。一部ではペットとして人気があるようで、通販では1匹500円程度で販売されています。ジャガイモ作るよりも儲かりそう、というのは内緒の話です

2018.06.22|ブログ

ページの先頭に戻る

お客様の声

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る