『Mリン農法トピックス』は株式会社ミズホのオフィシャルブログです!

株式会社ミズホは、作物を健全に育て、美味しくて安全な農産物を作るための肥料と資材を取り扱っている会社です。

他社にはない「効くリン酸」を用いた「Mリン農法」による栽培を推進しています。

このブログでは農業技術やMリン栽培の様子、Mリン農産物、会社のアレコレ…など、最新情報を更新しています。

ミズホ会員様にはおなじみである隔月発行の「機関誌・THEミズホ」では伝えきれない情報を時差なく提供していきます。

更新日は毎週 月・水・金曜日です。
(会社がお休みの場合はブログもお休みします)

生産者、農業関係者の方のみならず、農業に興味がある方、
家庭菜園を行っている方のご来訪も心よりお待ちしています!

> 旧ブログはこちら

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

試される日本農業

「今年の冬はあったかいですねぇ」が挨拶代わりになっております2月に入り冷え込む日もありましたが、平年と比べるとそれでもまだ暖かい令和2年の冬(春?)です。その影響もあり、すでに花粉が飛来しているようで、敏感な方はくしゅんくしゅんと辛そうですそこら辺のお店ではマスクが手に入りにくい状況が続いていますので、ちょっとした裁縫が必要ですが洗って使いまわすことのできる布マスクを作ってみるのはどうでしょうか

さて、先週の日本経済新聞の夕刊の一面記事に「農薬規制 日本も追随」と大見出しがありました。記事概要としては、「生態系に影響を与えかねない農薬に対する規制が世界で厳しくなっている。日本でも農薬取締法の改正により4月から農薬規制が厳しくなる」とのことです農薬に関しては、世界的にはEUで規制が進んでいます。例えばネオニコチノイド系農薬はミツバチに悪影響を与えるとして屋外でも使用を禁止している、など農薬に対する国民の目の厳しさが伝わってきます。

とにもかくにも、規制が厳しくなるとの見方ですので、これまでよりも弱い農薬を使わざるを得なくなったり、使える回数が減ったりすると思います。今まで以上に防除タイミングが重要になってくることでしょう農薬で対処しなければならない場面もあるとは思いますが、Mリン農法では農薬に頼る場面を減らす根本改善の提案をしています。一言で言うと「健全な土作り&有機肥料主体」、これに尽きます

有機物分解菌&ぼかし肥バクヤーゼKによる土作り。去年のうちに土作りに着手されてない方、これからでもやらないよりは良くなります。バクヤーゼKは春作のぼかし肥としても使用でき、善玉菌が充満していて微生物の補給としても効果が高い資材です。また、ミズホのぼかし肥には新ぼかし大将MB動物有機ペレット、とグレード別の資材も用意しておりますので、様々な栽培方法・作物でご利用いただけます

次第に農薬に頼れなくなると考え、次作から農薬を減らしていけるように、健全な土作りと有機肥料主体の栽培に挑戦してみてはいかがでしょうかもちろん、作物を締めて耐病性を強化するのにMリンPKは必須ですヨ

ページの先頭に戻る

令和2年の作付けに向けて

『例年にない暖かい冬で』、という言葉が飛び交っています。

東北地方も非常に雪が少なく、数日前に多少降りましたが、日中にだいたい溶けてしまうという状況です


また、ここから数日は一ヶ月ほど季節の進んだ暖かい日になるとの予報で、本当に今年は例年にない暖冬の様相です。

さて、そんな例年と違う令和2年の作付けに向けて、講習会を開催しました

昨年の天候と作柄を上げながら施肥のポイントをお話ししました

どんな天候になっても、リン酸を効かせる技術で生育をコントロールして対応できます


きちんと効かせられるリン酸のMリンPK。今年分の準備はもう済んでいますか?
これから配合されても、今年は暖かいのでままだ間に合いますよ〜

ページの先頭に戻る

雪がない!➡地力消耗に注意

おはようございます

今年は暖かい冬ですね。

雪が全然降りません。
まぁ、名古屋はあまり雪が降らないんですけどね
1月なのに北陸が雨マークというのはやっぱり異常です。

本来降るべきものが降らない。。。

夏に水が足りなくなるんじゃないか

とか、色々心配になってしまいます

 

さて、暖かい冬は『地力の消耗に注意』

知らず知らずのうちに地力がなくなってしまい、いつもと同じ管理では作物の元気がない なんてことになってしまいます。

そこで、雪が降らない冬には土作りをいつもよりしっかりと行うのが◎

いつもバクヤーゼKを3袋/反入れているという方は5袋/反というように、バクヤーゼKを少し増量して散布しておきましょう。

土作りの成果が出るのは夏の盛り。
後で『しまった』と思わないように対策をしておきましょう

ページの先頭に戻る

長雨→猛暑の気配

おはようございます。

長い雨も一段落したようですね。

これからは

暑くなるそうです

 

気象庁の2週間予報では

東海~関東は『平年よりもかなり暑い』予報になっています。

体調には十分お気をつけ下さいね。

 

さて、充分に気を付けていただくのは作物も同じ。

これまで低温、長雨で窒素を減らし気味で管理をされてきている方も多いはず。

暑さと共に一気に栄養を欲するようになりますので「これからは積極的に施肥をして」下さい。

施肥のめやすは

「硫安1に対してMリンPK2」

例えば 硫安2kgを与える場合は、MリンPK4kg といった具合です。
化成肥料をたくさん与えてしまうと、干ばつによる濃度障害を起こしてしまいますので、少ない量をこまめに与えて下さい。

長雨、日照不足により、根圏環境が悪くなっています。
根が弱っていますのでしおれやすくなっています。
バイオ根助500倍液をかん水しながら、根を活性化させてください。
かん水とともに、窒素(アミビタゴールド)やリン酸(MリンPK液肥の素)を与えると、より良いですよ

 

夏本番はこれから

作物も私達もしっかり栄養をとって暑い夏を乗り切りましょう!!

ページの先頭に戻る

疲れた時は「アミビタゴールド」

元号が令和に代わってから一ヶ月が経ち、やっと「令和」と書くことにも慣れてきましたそれと共に新聞等で「令和初の●●」という見出しも徐々に姿を消してきて、令和が日常に馴染んできている証拠ですね6月になりましたが「令和初の夏」はどのような気候になるでしょうか

 

さて、先日東北の営業さんが某郊外型大型ショッピングモールで撮ってきた写真がこちらです

食品コーナーの入口の一角を占めている「田植え作業の休憩」グッズこれだけでもこの地域で稲作が盛んであることが分かりますね東北地方では5月下旬から田植えするところも多いので、このコーナーはあと半月は維持されると思います

厳しい環境下で疲弊するのは、人間も作物も同じです。弱った作物への栄養ドリンクにはアミノ酸液肥のアミビタゴールドが最適アミビタゴールドは作物が吸収・消化しやすく、じわじわと効くのが特徴です。アミビタゴールドサンレッドと混用して使用すると更に効果的で、愛用されている方からは「肥効が力強くなり作物にバリキが出る」とおっしゃっています

次第に気温も上がり、日中の農作業が厳しくなってきています。小まめな水分・塩分・糖分補給をしながら適度に休み、体に負荷がかかりすぎないように気を付けて下さい

コメント

2019.06.05|

ページの先頭に戻る

お問い合わせが殺到中!

2月も終盤。次作の稲苗の準備も近付いて来ていますね!

今年は健全な苗を作りたい!!

健苗作りに欠かせないのが苗上手ブレーキBです

嬉しいことに、昨年「現代農業」に関連記事が掲載されたこともあり、お問い合わせが殺到しております

苗上手ブレーキBの使い方は、200倍液を稲苗の1葉期、2葉期、3葉期に各1回ずつ200倍液をカン水施肥するだけ

とても簡単ですよ

こちらの写真比較写真、苗上手ブレーキBを使用した苗は200倍液を1葉期に1回、その5日後に1回カン水施肥しております

苗上手ブレーキBを使用した育苗トレイはびっしりと根が張り、マット形成も良好ですよ

苗上手ブレーキB、ご注文はお早めに

※苗上手ブレーキBは2019年製造分より、パッケージが新しくなりました(写真右側)

 

コメント

2019.02.27|

ページの先頭に戻る

ブログ

2020年4月
« 3月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る