『Mリン農法トピックス』は株式会社ミズホのオフィシャルブログです!

株式会社ミズホは、作物を健全に育て、美味しくて安全な農産物を作るための肥料と資材を取り扱っている会社です。

他社にはない「効くリン酸」を用いた「Mリン農法」による栽培を推進しています。

このブログでは農業技術やMリン栽培の様子、Mリン農産物、会社のアレコレ…など、最新情報を更新しています。

ミズホ会員様にはおなじみである隔月発行の「機関誌・THEミズホ」では伝えきれない情報を時差なく提供していきます。

更新日は毎週 月・水・金曜日です。
(会社がお休みの場合はブログもお休みします)

生産者、農業関係者の方のみならず、農業に興味がある方、
家庭菜園を行っている方のご来訪も心よりお待ちしています!

> 旧ブログはこちら

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

食味コンクールin高山

すっかり秋も深まって参りました名古屋でも朝晩は安定して10℃を下回るようになりましたが、12月目前でもこの調子ですと、冬好きの私としては何だか物足りない気分です

 

さて、11月26日、27日の二日間、第20回目を迎える「米・食味分析鑑定コンクール」が岐阜県高山市で開催され、昨年に引き続き今年もブースを出展してきました

ミズホくんがお出迎えする【ミズホブース】。今年も良い笑顔で接客していました日本で一番大規模な米の食味コンクールですので、来場されるお客さんも肥料について持論をお持ちの方が多かったです。リン酸の固定化について既知の方が非常に多く、説明の手間が省けました会場ではMリンカリンを使った発酵リン酸肥料MリンPKについてご説明したり、栽培に関するお悩み相談をさせていただきました。二日目には約5700点の中から45点に絞られ、ノミネートされたMリンユーザーの本多氏が来場し、ブースを賑わせてくれました

そして今年も恒例となりつつある「特製Mリン手提げ袋」にミズホの篤農情報を詰め込んで配布しました実際にどんな袋でどんな内容だったかは、来年のお楽しみにしておいてください

 

P.S. 有名観光地の飛騨高山。会場の盛り上げ方も慣れた様子で、農家ではない一般のお客さんも大勢来場されていました

ページの先頭に戻る

バケツイネの結果

めっきり涼しくなりました。

会社で育てていたバケツイネの集計も終わり、結果が出てきています。

ワタクシが担当したバケツはこれ↓

見た目は良さそうですが、収量はこちら↓

左は不稔、クズ米です。
昨年に比べて、かなりクズが多い結果となりました。

原因として考えられるのは、名古屋の殺人的な暑さ。

暑さによる根の弱り→栄養吸収減 にも、微量要素入り葉面散布材リーフアップNとPフォスタで対応。
出穂期からは苦土入りMリンPKの積極施肥で不稔を抑える
・・・と、施肥による作戦を実行したのですが

35℃越えの一か月がかなり響いています。

どうにか10000粒に達し面目を保っていますが、今年は本当に厳しい戦いでした。。。

来年は熱帯地方の品種を導入しないと、環境が良い地区とは戦えないなぁ~と思っています。

 

しかし!この暑い名古屋で育てても10000粒は越えられるのですから!
もっと環境が良いところでMリンを使ったら、20000粒はいくはず!

暑さ対策を考えて、来年もチャレンジしたいと思います!

コメント

2018.11.02|

ページの先頭に戻る

稲の結果が出てきました

全国で稲の結果が出てきました。

2018年は数十年に一度の災害が多発した年でした。

やはり、結果は全国的に良くないようで・・・。

長雨の影響、干ばつの影響、高温の影響、強風の影響、塩害等々

影響がなかった地域はほぼないのではないでしょうか。

下の写真はMリンPKを使っていない圃場。
ばったり倒れちゃっています。

収穫間際の強風台風は辛かったですね。
倒伏防止には調節肥のMリンPKが効きます!

 

さてそんな中、こんな天気でも豊作だった!というお声もいただいています。

そういった方々は何をやったのか?!

実肥での葉面散布です。

不稔を少なくし、穂を太らせて千粒重を重くする。

冷夏の際にもPフォスタの葉面散布で収量を維持させたという事例がありますが、

高温時の不稔にも効果あり!です。

異常気象時にはPフォスタの葉面散布が効きますヨ!

 

コメント

2018.10.19|

ページの先頭に戻る

バケツ稲の穭

おはようございます 台風24号が明日から10月1日にかけて、日本列島を縦断しそうなので、進路にあたる地域の方はくれぐれもご注意ください

また、日本とアメリカ間で物品貿易協定(TAG)の交渉を行うことが決まりました 聞きなれない言葉ですが、アメリカ側は自由貿易協定(FTA)のことだと言っています おそらく日本側の都合で、新しい言葉を作っただけということです 自動車産業を守るために、農業分野でTPP並みかそれ以上の譲歩を余儀なくされるかもしれないということなので、しばらくは交渉の行方を注視したいと思います

話題を変えて、まずはこちらの写真をご覧ください

これは穭(ひつじ)と呼ばれる稲刈りをした後の株に再生する稲です 二番穂、穭稲(ひつじいね)、穭生(ひつじばえ)ともいわれます。稲孫とも書きます
かつての食糧難だった頃の日本では、温暖な地域で米の二期作をやっていたそうですが、気温が20度を下回るようになると不稔になり、食味も悪いので、現在はほとんどの地域で行われていません
今年の名古屋は暑すぎたので、高温障害の出たこしひかりとハイブリッドとうごう4号は8月31日に刈りとっています 穭は刈りとりから50日ほどで実るようなので、10月末まで生育させてみたいと思います 今日の名古屋は最高気温が28℃となっているので、10月に入っても気温が高いようなら穭稲も収穫できるんじゃないかとちょっぴり期待しています

コメント

2018.09.28|

ページの先頭に戻る

バケツ稲と温度

おはようございます 名古屋では1910年に統計を取り始めて以来、年間の猛暑日最多記録を更新中です 長期予報をみると、9月に入っても気温が高い日が多いということなので、まだ数日は35℃を超す猛暑日があるかもしれませんが、そろそろご遠慮願いたいと思う次第です

平年より気温が高いということで、今年はバケツ稲でも苦戦しております 出穂はしたものの、7月中盤から8月後半にかけて、最低気温が25℃以上、最高気温は35℃以上、平均気温も30℃を超えるという高温の為、現在はこんな感じです

こしひかり7/23出穂

あさひの夢8/3出穂

ハイブリッドとうごう3号8/6出穂

ハイブリッドとうごう4号7/23出穂

 

こしひかり、ハイブリッドとうごう4号は出穂からの積算温度が1150℃を超えているので、収穫しても良い時期なのですが、青い実が多く、触ってみると中身が入っていません 開花期の高温による不稔、登熟期の高温による未熟粒や白濁粒などが発生した模様です 残念ながら、高温障害ということになります

2007年は関東や東海で異常高温があり、出穂・開花の時期に高温に遭遇した地域では、高い割合で不稔が発生しています あくまでも数字上ですが、今年は2007年を上回る暑さになっているので、どうなることやらと危惧しております

今年の名古屋の気温はというと…(7/20から8/12まで順に(平均気温)最高気温、最低気温で示しますと)

7/20 (30.8) 36.6 27.6、7/21 (30.5) 36.5 26.6、7/22 (32.7) 39.5 26.5、7/23 (33.3) 39.6 28.7、 7/24 (32.2) 38.6 27.9、7/25 (30.8) 36.5 27.6、7/26 (29.3) 35.0 26.7、7/27 (28.4) 32.9 25.7、7/28 (29.2) 35.6 25.4、7/29 (28.4) 34.1 25.4、7/30 (29.6) 36.4 25.1、7/31 (29.9) 35.0 27.2、 8/1  (31.0) 37.7 26.2、8/2  (33.1) 39.6 28.0、 8/3  (32.8) 40.3 27.8、8/4  (31.7) 37.4 27.2、 8/5  (32.7) 39.9 27.7、8/6  (33.0) 39.4 28.8、 8/7  (29.6) 33.4 26.7、8/8  (30.2) 38.3 25.5、 8/9  (31.5) 38.2 26.9、8/10 (30.8) 35.9 28.2、8/11 (31.3) 38.2 27.6、8/12 (28.2) 35.6 23.7

はい、8/12までは全部25℃以上の熱帯夜ですね ちなみに、最高気温が30℃以下になるのは、この後8/15の1日だけです 猛暑はもはや災害ということがよく分かる夏でした

コメント

2018.08.31|

ページの先頭に戻る

高温すぎて白穂

おはようございます

ここ、名古屋もついに!

40℃を越しました~

40℃越え当日は、社内で拍手喝采

なぜなら、全国の猛暑地域から「今日は40℃にもなって暑かった」とご連絡をいただくのですが、40℃を越していないので名古屋は暑いと認めてもらえない雰囲気だったからです

しかし、名古屋は毎日毎日38~39℃!でした!

地味~に毎日地獄のような暑さ。

やはり、40℃の大台を超えないと暑いと認めてもらえない…
こんなに毎日暑いのに…

40℃を越して、晴れて暑い地区の仲間入りです

 

暑さの弊害?

もちろんあります。


バケツイネのコシヒカリが見事に白穂になっています。

出穂時期が台風12号の襲来と重なってしまったこと。
出穂期に水が切れてしまったこと。
台風以後35℃以上の高温が続いたこと。

が、原因と考えられます。

この猛暑で干ばつになっている地区も多々あるとの情報が入っています。

出穂時期の水切れは白穂の原因となりますので、絶対に避けてください。

根がしっかりと作れているほ場では、多少水がなくても元気でピンピンしています。

干ばつ時こそ、しっかりとした根作りが必要だと認識させられます。

イネの根作りは土作りから。

今年の教訓を生かして、秋の土作り微生物資材バクヤーゼ、バクヤーゼKでの土作りをお忘れなく!!



コメント

2018.08.08|

ページの先頭に戻る

ブログ

2019年1月
« 12月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る