新着情報

農村風景

その昔、女城主で名を馳せた岐阜県恵那市で、稲作の現地研修会に参加した社員からの目撃情報です

“蓑”を背負っている農家さん発見

「この辺では、みんな使ってるよ。風が通って蒸れずにいいよ」と涼しげに答えてくれたそうです。

念のため蓑について説明します。ワラで編んだ雨、雪、そして日射対策の農具で、古くは万葉集の時代から着用されているほどの機能性に富んだコートなんです。

まさに温故知新!歴女の社員は、炎天下の中、ちょっぴり彼の地に思いを馳せてしまったとか…

 

 

 

2013.07.24|ブログ,時事

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP