新着情報

苗上手で良い苗を!

 

 

 

 

施設栽培では早いものは、2月中旬頃より育苗が始まります。

北海道の場合、まだ本格的な冬なので、保温や加温をして育苗します。

 

そこで、苗専用液肥の苗上手A・Bを使い良い苗を作りましょう

苗の出来次第で、定植後の生育に大きく影響すると言われる位育苗は大事です

 

良い苗とは、葉っぱは小ぶりで茎は太短く、根量が多い事が重要です

 

苗上手Aはアクセル役として、肥料切れや低温による生育遅れの解消に

 

苗上手Bはブレーキ役として、窒素過多や高温、日照不足による軟弱徒長の解消と発根性を高めてくれます

 

 苗上手Aは、キトサンが配合されており、苗上手Bには、キトサンに加え、有機酸が含まれています。

 

 

 

 

 キトサンには、作物を活性化させ生長促進効果があり、作物の自己防衛機能を高めるので耐病性が強化されます

また、有機酸は雑菌の繁殖を抑え、作物を硬くする効果があります。

 

使い方は、水稲の場合、A・B共に200倍で、野菜苗の場合は、400倍のカン水で使用します。

それぞれ、1葉期から使用可能になります

 

北海道の場合は、特に過保護になりがちなので、今年は太くて短い良品質な苗を作りましょう

 

 

2019.02.04|ブログ,畑作

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP