新着情報

新入社員の夏野菜栽培 其の10(最終)

もう秋ですね個人的な感覚ですが、朝晩は特に秋の匂いがします。これからおいしい作物が続々と採れる時期なので、存分に食を楽しみたいところです

さて、もう秋ということで、そろそろ夏野菜栽培も潮時です。青枯れ病にやられてしまったトマト・ピーマン・パプリカ。生育が不調となり、更新剪定をしたナスがありました。ナスは更新剪定後、すくすく育ちまた実を生らせ始めましたが、一部にダニの被害が出てしまいました

名古屋でナスは、テントウムシダマシの次にダニと記憶しておきます

今回で最後の記事で、最初から最後まで生き残ったオクラに焦点をあてて振り返ってみたいと思います

栽培のまとめの前に、まず前回の栽培日記以降のオクラネタから。

こちらはオクラの種を取るために残しておいた実です。緑だった実の皮が茶色に変わり、スジとスジの間がめくれてきています。これくらいに実を収穫しないと、実が割れて種がポロポロとこぼれてしまいます。種取り用の実はお盆前(8月10日)から残しておいたものです。ちょうど一ヶ月経過した9月10日に収穫しました。

こちらが種取りオクラの実の拡大図です。丸くて黒い種が仲良く並んでいます。ちなみに今回の種取りオクラで採れた種の平均数は一つの実で84個でした。標本数は4つと少ないですが

そしてちょうどその頃、オクラにイボ果が発生しました

オクラのイボ果は栄養不足、特にチッ素不足で発生します。また日照不足時も発生しやすいとのことですから、チッ素を効かせつつ[MリンPK]でリン酸を効かせチッ素の消化促進、光合成の促進を図ってやるべきですね

さて、以上でオクラ栽培も終了です。今回の栽培でのオクラの情報をまとめ、振り返ってみましょう。

まず、定植から初収穫までちょうど2ヶ月かかりました。定植して間もなく寒さで生育が滞っていることに気付き、寒さ対策をしましたが、もっと早く対策していれば収穫までの期間は短縮できたと思います。そして、収穫後もハマキムシによる葉の被害で、一時的に木が弱り、収穫や生育に大きく遅れが生じました。ハマキムシ予防の大切さを実感しました。

そして最終的な木の大きさです。4ヶ月と1週間の期間で平均高さが約162cm、茎の直径が約3.4cm、太さが約11cmに生長しました。収量はそれぞれ73個、69個です。この収量は先輩曰くまだまだ少ないとのことです。途中、管理に緩みが出たせいでしょう

 

そしてオクラ最大の反省点がこちら。

オクラの木の上部50cmの写真ですが、葉もなく、実を取った跡だけが見えます。この50cm間、ずっと実が生り続けましたつまり、生長点で花が咲くカンザシ状態が長らく続いていたことを意味します。そのカンザシは芯止まり・チッ素不足で発生します。またこのその影響かどうか分かりませんが、オクラの木の下の方から側枝が育ち始め、そちらでも実が生っている状態でした。カンザシの対処、芯止まりの対処が出来ていればもう少し収量を上げられたのではないかな……

 さて、栽培を楽しみつつ課題もたくさん見つけられた2014夏野菜栽培も幕引きです。

これから、少し遅いですが、冬作に向けて畑の調整をしていこうと思います

2014.09.22|社員奮闘記

PAGETOP