新着情報

相撲と五穀豊穣

おはようございます。大相撲では稀勢の里が引退を発表しました。19年ぶりの日本人横綱でしたが、平成の間に決断することとなりました。個人的には非常に残念ですが、後進の指導にあたってほしいと思います。

相撲(角力)は神事と密接に結びついていて、五穀豊穣や豊漁を占う、土中の邪気を払うといった意味があります。
稀勢の里の出身地の大仏
某府の神社の鳥居

現代の大相撲は興行の要素もありますが、やはり神道と密接に結びついています。
また、日本には五穀豊穣を祈る祭祀を司り、国民の安寧を祈る「祭司王」も存在します。最後の一般参賀ということで、感謝の気持ちで僕も人並みに揉まれてきました。

今年を良い年にしていきましょう。

2019.01.16|ブログ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP