新着情報

春の対策

昨日の名古屋は、チラっと雪が降りましたが、週末にかけて春の陽気だそうです

 

先日、農水省より病害虫発生予報の発表がありましたが、やはり暖冬の影響が心配されます

そのなかで、イチゴの灰色カビ病の発生が東海、四国及び北九州の一部の地域で多くなると予報されていました。

灰色カビ病は、多湿条件で発生するため、施設内の湿度管理に注意が必要です

なので、施設内の換気プラス、
病気・害虫予防には、『リーフアップバリア

使用方法は、500倍液を7~10日おきに葉面散布をお勧めします

2020.02.19|Mリン農法資材,ブログ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP