新着情報

遊休農地活用への取り組み

先週は寒い日が続きましたが、今週は暖かい日も多いとのこと。今年は安定しない冬ですね。寒い時期にはしっかりと寒くなってくれた方がいいのですが、なかなか自然はうまくはいきませんね

この土日、用事で地元愛知県田原市へ行きました。そこで見つけたこんなもの

「たはらっこ」という田原市産菜種100%の菜種油です

田原市といえば、有数の菜の花畑が見られる場所です。(最盛期には上空からみると渥美半島は黄色の割合が多くなりますよ)その菜の花畑、平成11年に農業委員会が遊休農地の解消のために始めたものですそれがきっかけとなり市やNPO法人による「田原菜の花エコプロジェクト」が始まり、今では「田原市」=「菜の花」のイメージが定着するまでになりました現在の菜の花畑は市内に約100か所、総面積は約27haほどとのことです

菜の花は訪れる人の目を楽しませるだけでなく、そのまま食べることもできますし、このように菜種油になり、あぶら粕は肥料に田原市では業者や家庭から出る植物油の廃油を回収し、バイオディーゼル燃料に精製し公用車や菜の花畑のトラクターの燃料となっています

菜の花プロジェクトは全国で行われています。薬品を使わない圧搾製法で作られている国産菜種油は、お値段は安くはありませんが、このような活動を少しでも広げていけたらとの気持ちでお手に取ってみてはいかがでしょう体にも優しいようですよ

ちなみに、田原市の菜の花。菜の花まつりは年明け1月からですが、12月19日現在、もう開花し始めているところもありましたよぜひ足を運んでみて下さい

2016.12.19|時事

PAGETOP