新着情報

年越しからもう半月ですが

1月も気づけばもう中旬ですが、年末の話を少し

私も実家に帰り、毎年恒例の餅つきに参加してきました。実家では今でも毎年年末に石臼と杵で餅つきをしており、この時には昔ながらのかまどを使ってもち米を炊いています

3年ぶりの参加でしたが、幼少の頃から毎年やっていたので、手順は忘れておらず、毎年恒例というのも良いものだなと実感しました

年に一度ですが、薪を使って炊いたもち米は何とも言えない香ばしい香りがありますし、杵つき餅は機械でついたお餅よりも噛み応えがあって本当に美味しいです

餅つきをした年越しはもれなく筋肉痛になるのですが、またそれも年末の風物詩なのかもしれません

初日の出もとてもキレイに見えて、とても良い一年の始まりでした

2020.01.15|ブログ,時事

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP