新着情報

寒さ対策できていますか?

おはようございます

雨があまり降らず、気温も高く、穏やかなお天気が続いています。

野菜の生育もとても良いようです。

ですが、今後の予報は・・・

画像は気象庁HPより抜粋

クリスマス前後より、寒くなる予報になっています。

画像が示しているのは、『平年より低い』確率がどれほどか?ということです。

青くなっているということは低い可能性が高いということです。

そして、ポイントは「平年よりも低い」ということ。

この「平年」というのが、過去30年の天気を平均したもの。

地球の温度は年々上昇していると言われていますので、過去数年の体感と比較すると、「平年より低い」は『かなり寒い』と感じられるはずです。

そして、1月の予報は・・・

西日本を中心に温度が低くなる確率が高くなっています。

西は冬場の野菜の産地ですので、これから野菜の値段が上がるかもしれませんね。

 

要注意なのは、『今まで比較的高温だった』という点です。

気温が高く、野菜が大きく育っています。

気温が高くて大きく育つということは、葉の細胞一つ一つが肥大して大きくなっている可能性が高いです。

細胞が大きいと一つの細胞が凍ってしまった時に、被害となる面積が大きくなります。

MリンPKを効かせて、葉の細胞を増やして密にして大きくしておくと、凍害の影響を少なくすることができます。

凍害の影響を極力少なくするためには、今までにMリンPKをしっかり効かせて草や樹を引き締めておく必要があるのです。

大きく育ってしまったという人は、凍害防止の「リーフSG」の葉面散布で対策ができます。

1000倍液を3~5日おきに葉面散布すると、凍害の対策となります。

作物栽培は先手必勝!です。

暖かいうちはMリンPKの施肥も効果があります。

本格的な寒さがやってくる前に対策をしておきましょう

2020.12.09|ブログ,時事,農業技術

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP