新着情報

土作りは気温があるうちに始めましょう

こんにちは。

予想外の火山噴火。
御岳山は名古屋からも近く、親しみがあった山なので驚きました。
早く山が落ち着いてくれることを願うばかりです。

稲作は刈取りもほぼ終わり。

バクヤーゼで土作りを行う場合は、早いうちに!
微生物の力を借りてワラを分解するので、気温があるうちに行った方が効果が高いのです。

ちょうど先日、『バクヤーゼで土作りをしようと思っているんだけど』と、問い合わせをいただいた方の田んぼを(コッソリ)見に行ったところ・・・

おやぁ
なんだか、土作りなんて始まっていないような感じですけどぉ・・・?

しかし、よ~く見てみると、

米ぬかと混合されたバクヤーゼが散布されていました

鶏ふんはまだ散布されていないようでしたので、これから鶏ふんを入れて浅起こしをされるのだと思います。

同じ資材を入れるなら、効果が多く出る今!入れた方がおトクです
まだ、稲を刈り取ってそのままだという方は、一刻も早く土作りを開始してくださいネ

2014.09.29|Mリン農法資材,ブログ,稲作

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP