新着情報

名勝の梅渓と茶畑を楽しむ

おはようございます 名古屋では今日にも桜が開花して、月末あたりに満開になる予想です 暖冬の冬でしたが、それゆえに休眠打破が鈍くなり、3月の気温も2月より低めで推移したため、昨年よりは開花が遅くなっています ちなみに、昨年は厳冬でしたが2月最終週から急に暖かくなり、全国で開花も一気に進みました

また、新しい元号の予想などもちらほらと聞こえてきますが、現在の元号法では皇位の継承があった場合に限り改められる天皇一代のもの、一世一元の制であることから、時の内閣に配慮して「安」という字が入るということはさすがにない(と思いたい)です

さて、桜の開花便りが届き始めたということは、梅が見納めということです 以下は京都府と奈良県と三重県の府県境に位置する、月ヶ瀬梅渓です

渓谷の梅

白、紅、八重、しだれと勢ぞろい

また、ここは大和茶の産地でもあり、道中に茶畑がたくさんありました(おそらくミズホ資材は使っていないと思います) 根元には堆肥やもみ殻が撒かれていました

梅と茶畑

スギ花粉と茶畑

防霜ファンと茶畑

新茶の時期にはまだ早く、この日も朝はみぞれが降っていました 暖かくなってきたとはいえ、霜害には注意ですね

2019.03.22|ブログ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP