新着情報

北海道 日照不足の害

全国的に不安定な天候です。

前線に伴う活発な雨雲が東北から九州にかけて被い、
西日本を中心に土砂災害や河川の氾濫など大雨による被害が至る所で発生しています

 

北海道は、大雨などによる被害はあまりなかったようですが、
9月に入って、フタを開けてみれば、結果的に日照不足の年だったように思います

地域差はありますが、特に道南は6月頃から日照が絶対的に少ない状況だったようです。

 

そうなると作物にも少なからず影響が出てしまいます

 

 

 

 

軟白ネギでは葉枯症やベト病、葉先枯れなどの症状が発生していました

縦すじ状にも黄化症状が見られます。これは苦土欠でしょうか。

いずれにしても、日照不足による光合成の低下で十分に根が張れていない事が一番の要因ではないかと思います。

 

 

 

日照不足で光合成を高めるにはMリンPKシリーズです。

特に苦土入りスーパーMリンPKは光合成能力を高め硬く締まった体を作ります

 

 

 

そして、バイオ根助 500倍のかん水施肥をお勧めします。

バイオ根助は発根性を高めるとともに有効菌を増殖し病害菌の抑制効果があります

また、光合成低下で作物から出なくなった根酸の代わりをしてくれる優れものです

 

2019.09.02|ブログ,病気・障害・害虫

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP