新着情報

冬の風物詩

宮崎の冬の風物詩『切干し大根』です
現地では、『千切り大根』と呼ぶらしいのですが…。

この切干し大根は、九州山地を超えて、マイナス2〜3度の氷温状態の冷たい西風と南国特有の太陽の下で乾燥させています。
なので、ギュっと旨味が詰まっていて『畑のいりこ』とも呼ばれています

ちなみに、大根の作付け時期は、9月。

この時期は、天候に邪魔されたものの、温暖傾向で生育は早った一方、生産者さんは、土壌障害にも悩まされていました

 

12月になって、収穫とともに天日干し
ですが、周期的に降る雨で、乾きが心配でしたが…

生産者さん曰く、MリンPKを施肥すると大根の白さが際立つようになるのだとか。
どおりで、遠目からでも白さが目立つ訳ですね

 

 

2020.01.10|Mリン農産物,ブログ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP