新着情報

チョットした事ですが・・・

世界中で新型コロナウィルスが蔓延し、日本でも感染者のニュースで戦々恐々とした毎日を過ごしてております。

 

その様な物々しい中でも、北海道も4月に入り山間部ではまだ残っている雪も、平地ではだいぶ雪も解け始め畑ではトラクターの姿が見られるようになっています

 

これから、次々と作物の栽培が始まろうとしています。

定植までもう少し先という事で、育苗中のポイントをお伝えします

 

トマトなどの果菜類は、育苗期間中に徒長させてしまうと花芽が遅れたり、老化させると後々まで響いてしまう。

育苗期間中は肥料切れや水不足で老化苗や徒長苗にしないようにしましょう

肥料切れや生育遅れには、苗上手アクセルAアミビタ1号を、徒長防止や窒素過多、高温時は苗上手ブレーキBPフォスタで調整して下さい。

 

 

 

また、苗の生長とともに隣同士の葉が触れて傷着けないようにポットをずらし、また、受光体勢を良くする事が大事です

このチョットしたひと手間が、品質の良し悪しに関わってきます。

 

 

 

そして、定植時は浅植え、たこ足植えで根作りに励みましょう

根作りのポイントは43日のブログを参考にして下さい。

2020.04.06|ブログ,畑作

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP