新着情報

あまーいサツマイモ

今日25日は、彼岸明けです。
『暑さ寒さも彼岸まで』といいますが、めっきり涼しくなり、やっと秋を感じてきました

 

で、そろそろ収穫を迎えるサツマイモについて

サツマイモの中身は、デンプンが主体です。
腐りやすく、甘みがないイモは、チッ素で肥大させたため、中心部に未消化のチッ素が残ったイモ

逆に、甘くて美味しい、日持ちがするイモは、リン酸を効かせてチッ素の消化を促したものになります

 

そう、美味しいサツマイモになるかどうかのポイントは、窒素を上手に消化させたかどうかで決まってきます

 

この時期、サツマイモを含めたイモ類は、葉で作った栄養分をイモ部に流し込んでいます。

そこで、収穫の1か月ぐらい前から(10a当たり)

 MリンPK 30~40㎏ を施肥してください。

リン酸、カリウムを効かせて葉の栄養分を転流させ、甘くて美味しいサツマイモに仕上げましょう

 

 

 

2020.09.25|ブログ,稲作

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP