新着情報

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

新入社員奮闘記! 見立ての世界

最近は直前で天気が変わるなど、不安定な日々が続いていますが
いかがお過ごしでしょうか。
夏日でも熱中症の危険もありますので、今後も十分お気をつけください

さて、先日の休みに名古屋栄三越で開催されている
「MINIATURE LIFE展 2019~田中達也 見立ての世界~」
へ行ってきました

田中達也さんは、日常にあるものを使って見立ての世界を表現される方で、どこか懐かしく愛らしいミニチュアの世界を見てきました。
インスタグラムでは、毎日新作をUPされていたり、作品はNHKの朝ドラ「ひよっこ」のオープニングで披露されていたり、
全国各地は勿論、海外でも有名な方です

シェア、撮影OK!とのことでしたので
一部をご紹介したいと思います

スイートコーンが刈取られています(笑)

いい音を掘り起こしています

宇宙に飛び立ちそうな勢いです

こんなふうに写真の作品と一部実物も用意されていて
好きなように撮影することもできるようになっています

またアグリ部では、ニンニクの出荷をしていますが売れ行きが好調ですありがとうございます

一人で20個も買って下さった方がいたとか
感謝です

そして!もう少しでオクラとスイートコーンの収穫が始まります

ことしは「きみひめ」を育てました
イオンタウン千種わくわく広場さんで見掛けた際は、
またよろしくお願いいたします

2019.06.26|ブログ

ページの先頭に戻る

新入社員奮闘記 カボチャが実ってきました

おはようございます!

最近気温は高くありませんが湿度が高いため蒸し暑い日が続いています。

また雨も少ないため、水やりに畑に向かうということが多々あり少し忙しいです。

 

さて、5月上旬に定植したカボチャは順調に花をつけ実ってきています。

現在カボチャを栽培している畑ではミニカボチャを3品種選んで栽培しています。


こちらの品種は開花後40~45日以降で収穫できる品種とのことです。

今日が開花後3週間くらいですので収穫予定は7月中旬以降になる予定です。

しかし収穫したカボチャはすぐに食べてもおいしくないので実際に食べることができるのはキュアリング(追熟)後になります

そのため味見ができるようになるのはもう少し先になりそうです。

2019.06.24|ブログ

ページの先頭に戻る

講習会だより~茨城県~

名古屋の夏らしいムシムシした気候になってきているミズホ本社です梅雨入り直後は数日雨となったのですが、その後は曇ったり晴れたりで空梅雨を思わせる天候です今週末はまた天気が崩れる予報なので、少し過ごしやすくなるといいのですが…

 

さて、今現在開催中の講習会会場からのお知らせです

茨城県のヰセキ関東甲信越本社にて、Mリン土作り講習会を開催します近隣の方はもちろん、遠方の方も大歓迎農作業の合間に足を延ばしてみてはどうでしょうか

 

場所:茨城県稲敷郡阿見町阿見4818

    株式会社ヰセキ関東甲信越 本社

日程:6月20日~6月23日 (6月20日は12:30から講習会開始)

2019.06.20|ブログ

ページの先頭に戻る

講習会日程 追加しました

講習会、現地研修の日程を追加しました。

詳細はこちら

2019.06.19|イベント情報

ページの先頭に戻る

ナスの半身萎凋病

おはようございます

6月中旬になりましたが、名古屋は爽やかな日が続いています。

今年はまだ、こたつやストーブが出ているなんて話も聞きます。
地域によっては朝晩がかなり冷え込み、作物の生育も遅いところもあるようです。

さて、先日ナスがしおれてきたんだけど・・・という相談を受けました。。

ナスの葉が葉脈に沿ったブロック状に枯れています。

導管を見てみると、半分だけが褐変していました。

ほぼ『半身萎凋病』だと考えられます。

この半身萎凋病はナスだけでなく、ピーマンやトマト、オクラなどにも悪さをするそうです。

病気は根の傷から伝染してしまうことがあるため、抜かずに株元にバイオ根助20~50倍液のかん水をして病気が広がっていくのを防ぎます。
さらに、ほ場全体に広がるのを抑えるために適時バイオ根助500倍液をかん水します。
また、ハサミの使いまわしは病気を広げる原因ともなりますので、避けてください。

病原菌は土壌に居座るので、作が終わったらバクヤーゼとMイーシーでしっかりと土作りをしましょう。

色々な作物を犯す半身萎凋病。早めに発見することで、被害を小さく食い止めることができます。

2019.06.19|ブログ

ページの先頭に戻る

稼ぐナスに向けて

5月下旬に定植した、東広島のナス部会の畑です

只今、順調に生育中です

 

茎は太く、側枝の発生も良く、さらに花の色も濃く、とっても元気なナスの樹。

樹勢が強いので、今後の管理は、いかに抑えるかが腕のみせどころです。追肥には、MリンPK液肥の素を施肥予定しています。


でも、あわてて着果させません

なぜなら、盛夏期に稼げるナスに育てないといけないから。

なので、まずは、根作り、そして樹づくりが優先です。
ちなみに、こちらの部会は、1株5千円が売上目標です

ということで、これから稼ぐナスにするために整枝作業にとりかかるそうです。

2019.06.17|ブログ

ページの先頭に戻る

お客様の声

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る