新着情報

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

スナップエンドウはプリプリが正解

こんにちは

今年は桜の開花が早いようですね。
木や草の動きも例年よりも早そうです。
管理は例年よりも早めにご準備下さい。

 

さて、先週の金曜日に引き続き、愛知県田原市の安田農園さんからの情報です。

イチゴが美味しい安田農園さんですが、スナップエンドウ栽培歴の方が長いんですよ~と伺いました。

スナップエンドウは育種者から栽培方法を伝授された程だそうです。

育種者曰く「生で食べても甘くて美味しい。サラダとして食べれられる」のがスナップエンドウなのだとか。

スナップエンドウ本来の姿にこだわって栽培されていました。

本来の姿とは

プリプリ、パンパンに膨らんだところで収穫する

この状態であれば、青くさくなく、生で食べても甘くて美味しい本来のスナップエンドウの味が楽しめます。

ちなみに

こちらはまだまだ膨らみが足りない「ペラ莢」だそうです。

スーパー等で見かける太さではありますが、これはまだ収穫適期ではないのだそう。

もっともっと太らせてから収穫すると、育種者が目指した美味しさになるそうです。

では、なぜ皆さん「ペラ莢」で出荷するのか?

何でもそうですが、樹上完熟させると樹が疲れます。
プリプリになるまで樹に付けると、樹勢がすぐに落ちて樹が弱ってしまいます。
樹勢が落ちないように水やり、追肥、管理を行うのは、技術が必要とされるのです。
反して、「ペラ莢」で収穫すると、樹はそれほど疲れることなく管理も比較的楽にできるということで、やや早めの収穫になっていると思われます。


ある程度実をつけておいて、値が良くなったところでPフォスタをかけると一気に太って出荷できるようになる。という小技も教えていただきました


安田農園さんでは、イチゴと一緒にスナップエンドウも販売されています。
甘くて美味しい本物のスナップエンドウを是非ご賞味下さい

2020.03.09|ブログ

ページの先頭に戻る

新入社員奮闘記~おいしいイチゴを求めて~

おはようございます

昨日愛知県田原市の安田農園さんにお邪魔してきました

おいしいイチゴをたくさん作ることで有名な安田さんのイチゴをついに食べることができました

こちらがイチゴの写真です

香り・味・見た目どれも非常にレベルが高く、食べたときの感動はもう一生忘れません

「ミズホの資材があるからここまでおいしくできた」と非常にありがたいお言葉をいただきましたが、当然安田さんの技術があってこその結果です

そしてこちらが圃場の写真です

すごく綺麗に整備されていて非常に居心地がよかったです

こういったところからも安田さんの技術や気遣いを感じますね

今後も安田さんから様々なお話を聞きたいと思います

2020.03.06|ブログ

ページの先頭に戻る

生長しすぎる…

先日発表された農林水産省の東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通しによると、『3月も暖冬の影響で、例年と比べて野菜の生育が良好で豊作基調であるため、野菜が安値傾向となる見込み』との事

昨日も、九州地方の生産者さんから『ブロッコリーが太り過ぎて困っている。生長を止める方法を教えて欲しい』 と相談の電話がありました。

作物の生長を止めることはできませんが、生育をなんとかコントロールしたいものです

その手段として、元肥や追肥の量を少なくして、根からの栄養吸収を抑え、その代わりに速攻性のある葉面散布で栄養を補う施肥管理が考えられます。

おすすめの葉面散布は、栄養生長を応援するリーフアップN
生育の調整役に是非お役立てください



2020.03.04|ブログ

ページの先頭に戻る

北海道も始まっています!

今年の北海道は、例年にない雪の少なさです

2月に入り、多少まとまった雪が何度か降り積もりましたが、それでも通常の3分の1程度の積雪です

しかし、1月までの雪と違い、この時期の雪は湿り気が多い為、チョット重いのが難点ですが、今シーズンは非常に過ごしやすい冬となっています

 

とは言え、やはり冬寒い冬

まだマイナスの日が多い中、北海道も栽培が始まっているのです

 

 

 

冬レタスも定植直後です。

今は、初期も初期の段階なのでしっかりした体を作ってあげます。

まだ、朝晩の冷え込みが厳しい日が多く根の動きは少ないので、葉面散布中心に葉っぱから養分を吸収させた方が良いでしょう。

カン水を施肥する場合は、間隔を開けて行い天気の良い暖かい日に行った方が良いです。

 

管理としては生育促進主体に、リーフアップNリーフA液材で外葉作りに励んでください
中盤から後半はリン酸中心の管理をし、Pフォスタで葉っぱを巻かせしっかりとした結球を作らせる事が重要になります

 

お客さまを訪問すると、ちょうどトマトの苗が入ったばかりでした。

 

 

 

定植はもう少し先という事で、まだ育苗の時期です。

トマトなど果菜類は徒長させない管理を心がけ、苗はなるべく甘やかさないようにしましょう

根量と太短い苗を目指し、Pフォスタ苗上手ブレーキBなどリン酸中心の管理をします。

 

雪解けまで、あと1ヵ月半位の辛抱です。ガンバ

2020.03.02|ブログ

ページの先頭に戻る

試される日本農業

「今年の冬はあったかいですねぇ」が挨拶代わりになっております2月に入り冷え込む日もありましたが、平年と比べるとそれでもまだ暖かい令和2年の冬(春?)です。その影響もあり、すでに花粉が飛来しているようで、敏感な方はくしゅんくしゅんと辛そうですそこら辺のお店ではマスクが手に入りにくい状況が続いていますので、ちょっとした裁縫が必要ですが洗って使いまわすことのできる布マスクを作ってみるのはどうでしょうか

さて、先週の日本経済新聞の夕刊の一面記事に「農薬規制 日本も追随」と大見出しがありました。記事概要としては、「生態系に影響を与えかねない農薬に対する規制が世界で厳しくなっている。日本でも農薬取締法の改正により4月から農薬規制が厳しくなる」とのことです農薬に関しては、世界的にはEUで規制が進んでいます。例えばネオニコチノイド系農薬はミツバチに悪影響を与えるとして屋外でも使用を禁止している、など農薬に対する国民の目の厳しさが伝わってきます。

とにもかくにも、規制が厳しくなるとの見方ですので、これまでよりも弱い農薬を使わざるを得なくなったり、使える回数が減ったりすると思います。今まで以上に防除タイミングが重要になってくることでしょう農薬で対処しなければならない場面もあるとは思いますが、Mリン農法では農薬に頼る場面を減らす根本改善の提案をしています。一言で言うと「健全な土作り&有機肥料主体」、これに尽きます

有機物分解菌&ぼかし肥バクヤーゼKによる土作り。去年のうちに土作りに着手されてない方、これからでもやらないよりは良くなります。バクヤーゼKは春作のぼかし肥としても使用でき、善玉菌が充満していて微生物の補給としても効果が高い資材です。また、ミズホのぼかし肥には新ぼかし大将MB動物有機ペレット、とグレード別の資材も用意しておりますので、様々な栽培方法・作物でご利用いただけます

次第に農薬に頼れなくなると考え、次作から農薬を減らしていけるように、健全な土作りと有機肥料主体の栽培に挑戦してみてはいかがでしょうかもちろん、作物を締めて耐病性を強化するのにMリンPKは必須ですヨ

2020.02.28|ブログ

ページの先頭に戻る

農業用ドローン

おはようございます

2月は農機屋さんの展示会シーズンです。
新しい機械が見ることができ、実演あり、意外な小物が売っていたり…でとても楽しいです。
是非、足を運んでみて下さい。

さて、先日、そんな農機屋さんの展示会にお邪魔してきました。

噂には聞いていましたが、

農業用ドローンが展示してありました。

 これで農薬も肥料も散布できるそうです。

粒状の肥料も散布できる!そうですよ

ラジコン操作で動き、操作がとっても楽しそうです

農薬や肥料を背負って散布する必要がなくなり、機械操作で楽に散布できるようになりますね。

露地野菜や水田でとても活躍しそうです

 

農業界にも新しい技術がどんどん入ってきています。

新しい技術に乗り遅れないようにしていきたいです

2020.02.26|ブログ

ページの先頭に戻る

お客様の声

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る