『Mリン農法トピックス』は株式会社ミズホのオフィシャルブログです!

株式会社ミズホは、作物を健全に育て、美味しくて安全な農産物を作るための肥料と資材を取り扱っている会社です。

他社にはない「効くリン酸」を用いた「Mリン農法」による栽培を推進しています。

このブログでは農業技術やMリン栽培の様子、Mリン農産物、会社のアレコレ…など、最新情報を更新しています。

ミズホ会員様にはおなじみである隔月発行の「機関誌・THEミズホ」では伝えきれない情報を時差なく提供していきます。

更新日は毎週 月・水・金曜日です。
(会社がお休みの場合はブログもお休みします)

生産者、農業関係者の方のみならず、農業に興味がある方、
家庭菜園を行っている方のご来訪も心よりお待ちしています!

> 旧ブログはこちら

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

講習会だより~茨城県~

名古屋の夏らしいムシムシした気候になってきているミズホ本社です梅雨入り直後は数日雨となったのですが、その後は曇ったり晴れたりで空梅雨を思わせる天候です今週末はまた天気が崩れる予報なので、少し過ごしやすくなるといいのですが…

 

さて、今現在開催中の講習会会場からのお知らせです

茨城県のヰセキ関東甲信越本社にて、Mリン土作り講習会を開催します近隣の方はもちろん、遠方の方も大歓迎農作業の合間に足を延ばしてみてはどうでしょうか

 

場所:茨城県稲敷郡阿見町阿見4818

    株式会社ヰセキ関東甲信越 本社

日程:6月20日~6月23日 (6月20日は12:30から講習会開始)

コメント

2019.06.20|

ページの先頭に戻る

水は大切に

先週末から今週頭にかけては本当に暑かったですね・・・

名古屋でも30度超えの真夏日が4日連続でしたが、北海道では39.5℃という史上最高の気温だったとか咲いているチューリップがそのままドライフラワー状態になっているといった報道も目にしました。5月に史上最高温度を更新してしまうなんて、今後が本当に思いやられます

愛知県では東三河地方の水がめとなっている宇連ダムが一時貯水率0%となり、節水が呼びかけられていました。子供のころから夏に節水でプールに入れなくなったり、地区放送で「節水にご協力下さい」と呼びかけられているのは毎年のように聞いていましたが、5月にこのような事態になったのは記憶にありません

さて、水は私たち人間にも欠かせないものですが、同じように植物にも欠かせません。植物の生長に必要な物は?と聞かれた時に、肥料メーカーに勤めているせいか、養分!と言いたくなってしまいますが、水は本当に欠かせない要素となります植物の生育が悪いときにいくら肥料を与えても、水が無ければ養分の吸収ができません

日本で生活していると水は水道をひねればいつでも手に入るものなので、意識が薄れがちですが、水も無限にあるものではありません。異常気象が続くと、また渇水という事態になりかねません

大切な水、無駄遣いをしないようにしないといけないですね

コメント

2019.05.29|

ページの先頭に戻る

ちょっとアウトドア

連休が明けて、数日朝夜は肌寒く感じることもありましたが、今日は一転して暑い名古屋は最高気温27度とのこと。群馬では30度だったようです今年も春は短く、夏になってしまうのでしょうか

 

今回の連休、農業とは関係ないのですが、ちょっとアウトドアに挑戦ということで、友人たちとバンガローに泊まるキャンプへ行ってみました色々と準備はしたつもりだったのですが、当日現地へ行ってみると無い道具があったりしましたが、ある物で考えて工夫するのも楽しかったです川沿いで、自然を感じながらリフレッシュできましたし、みんなで野外で食べるご飯は美味しいですね

丁度、令和への元号が変わった日でしたので、道の駅でご飯を食べたら、「令和せんべい」がオマケでついてきました令和に変わって1週間。会社でも書類に「R1」と記入するのも慣れてきた感じがします

 

コメント

2019.05.10|

ページの先頭に戻る

ひらひらと

桜吹雪が舞っている名古屋です今年の名古屋の桜も見納めが近いですね

今年は色々な場所で桜を見ることができましたが、お花見をしている時に、服の上に桜の花びらが舞ってきたと思ったら、一輪の花そのもの気づくと周囲にもゆらゆらと舞い落ちる花達

上を見上げると鳥が美味しそうに桜の蜜を吸っておりましたとても綺麗な吸い殻です(笑)

人も桜を見ると嬉しくなりますが、鳥たちも嬉しい春なのでしょうね

 

さて、4月に入り苗作りの時期となってきました今年も苗上手アクセルA・ブレーキBは売れ行き好調特にブレーキBは根量を増加させ、マット形成を向上させます徒長も防止するため、がっしりとした良苗ができますよ

稲苗だけでなく、野菜苗にも使える苗上手アクセルA・ブレーキB生産数量に限りがありますので、ご注文はお早めに

 

コメント

2019.04.12|

ページの先頭に戻る

桜と新元号とトマト

桜の開花が進んでいて、ミズホから近い桜の名所「鶴舞公園」ではただいま満開目前だそうです愛知では先週末から今週末がお花見の最盛期になるかと思いますちなみに、私も子供のころから良く食べている花見の定番の赤・白・緑の三色団子。地域によって形や数が違いますが、モノ自体は安土桃山時代から食べられているようです(それ以前は普通の白い団子に醤油などを付けて食べていたそうです)。三色団子は幼心ながらに「色が違うから、味もはっきりとした違いがあったほうがいいなー」と思ったのを覚えています

本日は新年号発表の日ですみなさん既にチェック済かと思いますが、新年号は「令和」だそうです。とお伝えしましたが、今日は4月1日のエイプリルフールなので本当かどうかの保証はしませんが

 

さて先日、愛知県担当が長年高糖度トマトを生産している加藤農園さんに、MB動物有機ペレットの納品立ち合いでお邪魔してきました加藤さんの達人芸は相も変わらずですが、更に腕に磨きをかけているようで、ご自身が所有の糖度センサーで糖度13度以上のものだけ選別した最高級シリーズ「至高」を分けていただきました

主に高級志向の外食店に出ているようです。たしかに木箱入りという所からも高級な感じが漂っています。

この至高フルーツトマトきわめは特別な品種を使っている訳ではなく、桃太郎の生育をコントロールし、開花から収穫まで100日以上の期間をかけて高糖度に仕上げているそうですその極意はMリンPKの利用方法と水分の与え方」だそうです。この技術は誰でもできる技術ではなく、そこが加藤さんが名人と呼ばれる所以です

気になるお味はまさにフルーツ特別な日やがんばった自分へのご褒美などで、一度お口にされてはいかがでしょうか。トマトのイメージが覆ること間違いなしです

ページの先頭に戻る

水はけが良い?悪い?

おはようございます

今年の夏は『冷夏』予報が出ています。

年間に降る雨の量はあまり変わらないものらしく、冬に雨が降っていないと夏に降るという傾向があるようです。
今年は雪が少ないので、帳尻を合わせるように雨がどっと降るのではないかと言われています。

雨が多い予報が出ているときにこそ、「水はけのよいほ場づくり」をすることで他との差ができます。

今年は水田でも溝切りを行って、水が抜けるようにしておいて下さい。

畑でも、溝を作って水の流れ道を作っておきましょう。

ここで注意

「砂地」の畑は水はけが良いという固定観念は危険です。

砂地でも下の写真のように、畑に藻が生えた形跡がある場合…

 

水が溜まっています。

砂地でも、化成肥料の多投やトラクターの重量によって耕盤ができている場合は水はけが悪くなります。

土作りを行ったり、耕盤破壊を行ったり、溝を切ったりして下さい。

ページの先頭に戻る

ブログ

2019年7月
« 6月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る