『Mリン農法トピックス』は株式会社ミズホのオフィシャルブログです!

株式会社ミズホは、作物を健全に育て、美味しくて安全な農産物を作るための肥料と資材を取り扱っている会社です。

他社にはない「効くリン酸」を用いた「Mリン農法」による栽培を推進しています。

このブログでは農業技術やMリン栽培の様子、Mリン農産物、会社のアレコレ…など、最新情報を更新しています。

ミズホ会員様にはおなじみである隔月発行の「機関誌・THEミズホ」では伝えきれない情報を時差なく提供していきます。

更新日は毎週 月・水・金曜日です。
(会社がお休みの場合はブログもお休みします)

生産者、農業関係者の方のみならず、農業に興味がある方、
家庭菜園を行っている方のご来訪も心よりお待ちしています!

> 旧ブログはこちら

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

辛くない唐辛子!!

おはようございます

寒くなってきましたね

先日、アグリ部にお邪魔しました

そこで、こんな作物を見つけました

こちらは韓国唐辛子のコーリャンレッドという品種です

見るからに辛そうですね

しかし、恐る恐る食べてみるとなんと辛みがほとんどありません

パプリカに近い味と食感でした

どうやらコーリャンレッドは辛みが少ない品種のようです

中には尋常ではない辛さを持つ品種もあるそうなので品種不明の韓国唐辛子を食べる際には十分に気を付けて下さい

コメント

2020.10.12|

ページの先頭に戻る

肥料焼け(濃度障害)

おはようございます。
台風14号が日本の南海上にあり、今週末にはかなり接近するようなので、早めの対処を心掛けてください。

また、台風通過後はしばらく気温の高い状況が続くようですが、今年はラニーニャ現象が発生しているので、11月以降は平年並みか平年より低い気温になる確率が高くなっています。

先月、弊社の駐車場で雑草が生えてきたので、濃度障害の試験も兼ねて余っている肥料を撒いてみました。

散布前

散布直後

散布1週間後

散布1か月後

濃度障害、いわゆる肥料焼けでさすがの雑草も枯れてしまい、今のところ新たに生えてくる気配もありません。

今回は意図的に施肥量を多くしたので枯れてもよいのですが、この雑草のような根焼けの他に、種の周りの肥料成分が濃いと発芽障害、葉面散布の濃度が濃かったり水分が飛んで濃縮されたりすると葉焼けにもなります。
くれぐれもご注意ください。

コメント

2020.10.07|

ページの先頭に戻る

北海道 オススメ!土壌まるごと発酵

とうとう10月です

今年も残すところ3ケ月となりました。早いですね~

 

稲の刈り取り作業は終わっている所が殆どのようです。

トマトなどの施設栽培も長くて10月いっぱいで収穫作業は終了のようです。

 

しかし、これで作業が終わってはいけません。

消耗した土壌に復活させるために、土作りをしっかり行い来作の準備を行いましょう

 

特にハウス栽培で、毎作同じ病気や障害が発生し、年々品質や収量の低下が起こっているなんて事があるのでは、、、

そして、最近の天候によって生育が悪いくなっていると思っている方が多いのではないでしょうか。

 

天候も原因の一つですが、毎作同じ圃場で同じ作物を作っている事で、連作による障害の可能性も考えて下さい。

 

そこでお勧めするのが、「ミズホ式土壌まるごと発酵」です。

 

 

 障害資材のMイーシーによって土壌中の有効菌を急激に増殖させる事で、微生物の発酵熱と太陽熱消毒を利用した環境にも土壌にもコスト的にもやさしい圃場活性法です。

 

興味のある方はご一報を

ページの先頭に戻る

季節外れの開花

名古屋は8月は平均気温が観測史上最高でしたが、9月に入ってからは適度な秋雨で昨年よりは気温が低くなっていますとはいえ、5年に1度程度の高い平均気温ではありますがしかしながら、所変われば様子も変わりまして、東北地方では8月は過去最高水準の高温、9月は残暑の非常に厳しかった2012年に次ぐ高温となっています秋収穫の作物は、気温が高いと熟すのは進みますが、その分養分を必要とします。長梅雨で根が弱ったところに秋の高温は栄養不足を引き起こし、樹勢・草勢の低下とともに病害虫被害の拡大を招きます。特に今年は暖冬の影響で虫が多い年ですので、収穫まで防除をしっかり行うことが大切です。農薬の薬害軽減および養分転流の促進に、リーフアップバリア500倍液の混用もお忘れなくちなみに、混用には少量で問題がないか確認してから行って下さい。

また、こういう天候になると「土作りの差」が大きく見え始めます。土作りが出来ていないと収穫間際には根が弱り、養分補給などの対処をしても、反応が鈍かったり、まともに吸収できなかったりします吸収できないとチッ素やカリなどの養分が流亡し、環境汚染に拍車をかけてしまいます地球の環境保全のためにも、根づくりは有効なんです

さて、ミズホの試験圃場があるミカン園地では、11月下旬の収穫に向けた品質向上の葉面散布が始まりますレシピはPフォスタリーフA液材リーフアップCaまたはリーフアップバリアの各500倍液の混用です。これを10月中は隔週で、11月は毎週葉面散布します。余力があれば10月から毎週でも問題ありません。この仕上げの葉面散布によって、光合成を促進して酸を糖に転化させ、リーフA液材でコクを高めます。

そんな葉面散布作業をしているとき、季節外れに花が咲いている枝を見つけました。(水不足の葉が写っていてお恥ずかしいですが)この樹は今年の春、カミキリムシにやられていた亜主枝を切断しました。その影響で樹が乱れて秋に咲く花が出てきたんだと思います。疲れた体を季節外れの花に癒されました。そのあと、すべての花をそっと摘んでおきました

コメント

2020.10.02|

ページの先頭に戻る

ブログ

2020年10月
« 9月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る