商品一覧

キーワードで検索

過リン酸石灰発酵資材Mリンカリン

Mリンカリン とは

過リン酸石灰と塩化カリを混合し、常温発酵させて使用する酸素微生物資材です。
リン酸の土への固定化を防ぎ、作物に効率よく、かつ速効的にリン酸を吸収させることができます。
また、過リン酸石灰中のカルシウムの吸収も飛躍的に高めます。

※Mリン単体で使用することはできません。
 詳しくは、「商品詳細資料」をご覧ください。

Mリンカリンの効果(Mリンカリンで作った「MリンPK」の効果)

着花・結実の促進 着色・糖度の向上 発根促進
窒素過多の改善 秀品率の向上 耐病性の強化
光合成の促進 日持ち向上
会員Passを入力 商品詳細資料閲覧
(Web会員様のみ閲覧可能)
原材料 Mリンカリン ・・・1袋(2kg)
過リン酸石灰・・・5袋(100kg)
塩化カリ   ・・・半袋(10kg)~1袋(20kg)
米ヌカ     ・・・5kg
熟成期間 原材料を混合したのち、積算温度で200~300℃(10~300日間)以上、
常温発酵させ、十分に熟成させます。
熟成期間が長い方がよりリン酸の肥効が高まります。
配合ポイント カリ要求の高い作物は、塩化カリを20~30kgに増量してください。
施設等でカリ過剰の圃場では、塩化カリを5kgに減量してください。
食味や着色をさらに向上させたい場合は、上記の原材料の他に、硫酸マグネシウムを10~30kg混合してください。
MリンPKは、長期間の熟成が効果的です。半年~1年以上の熟成で、さらに効果が高まります。
混合時に、水分の補給は必要ありません。
熟成期間中は、切り替えしの必要はありません。
注意点 MリンPKの熟成・保存をする場合は、密封状態にせず、袋や容器等に
入れたままにしてください。保管する場合は、雨の浸入や直射日光を避けてください。
Mリンカリンの開封後は、早めにご利用下さい。
PAGETOP