営農栽培の方へ

芝生類芝生

Mリンシステムが解決!「芝生管理」の5つの効果

①理想的な芝の生育 根張りが良く、葉が硬く立ち、玉走りの良い質の高い芝が育ちます。
②刈り込み軽減 芝草の細胞が密に強固となり、節間も短く締まります。そのため、草丈が急激に伸びず刈り面、刈り高が維持されることで、刈込み量、回数が減少します。
③散水回数の減少 高温・低温などの気象変動に対する抵抗性が強くなります。また、初根力・根量が増加するため、水やり回数、散水量が通常より少ない管理が可能となります。
④更新作業の軽減 芝の刈込み量、回数が減少する事で、刈りカスなどの未熟有機物(サッチ)が少なくなるため、通常の更新作業の回数が減少します。
⑤農薬散布の減少 健康な芝が育ち、散水量やサッチの量が減少し、通気性が確保され、藻、苔などが減少、湿害による病気も減り、農薬の使用量が減少します。

実は、過酷な条件下に置かれている「芝生」

・ 踏圧を受ける
・ 耕転できない
・ 深層全層施肥できない
・ 休眠期でも栽培管理を維持しなくてはならない
・ 寒暖の季節に関係のない「周年露地栽培」である
・ 刈込み作業により葉面積が減少する

表層施肥により、根が浅くなる芝生の原因

・ 過剰な散水量
・ チッ素肥料の過剰施肥
・ アンバランスな肥料養分
・ 濃度障害

「MリンPK液肥の素」グリーン年間施肥計画例(g/㎡)

WEB限定コンテンツ

こちらのコンテンツを見るためには、会員専用のパスワードの入力が必要です。
詳しくはお電話またはメールにてお問い合わせください。

PAGETOP