よくある質問

よくある質問

植物に必要な栄養素を知りたいのですが?

◇肥料バランス◇

●健康に育てる
われわれ人間も日々の食生活において、バランスよく栄養分を摂取することが、健康増進につながります。健康な人は、よく働き、病気知らずであることは十分理解できることだと思います。
植物も同様です。農業生産において、収量や品質を向上させようとするならば、いかに健康に育てるかが重要です。健康であれば、結果として病気にかからず、薬剤の利用を減らすこととなり、相対的なコストの削減につながり収量も多くなるのです。
健康に育てるには、(1)生育環境を整えること。(2)バランスのとれた栄養補給をすることがポイントとなります。

●植物の必要栄養素
人間の三大栄養素は、エネルギーや成長のための基本栄養分として炭水化物・タンパク質・脂肪が必要です。繊維質やミネラルビタミン類などが、身体の調子を整えるものとして、次に重要となります。一方、植物においては、チッソ・リン酸・カリが三大栄養素として重要で、その次にカルシウム(石灰)・マグネシウム(苦土)・そして鉄分やマンガン・ホウ素などの微量要素が必要です。右の表にあるようにタンパク質とチッソは、それぞれ体づくりのための栄養分ですが、活動エネルギーとなる炭水化物は、人間は摂取するが、植物の場合は、自分自身で作り出します。要するに植物も人間も必要とする栄養分は共通しているのです。
しかし、人間は自主的に栄養バランスを考えて摂取するのに比べて、植物は土壌環境や天候によってバランスを崩してしまいます。最近では、稲作に元肥一発型の肥料が普及しつつありますが、毎年安定した結果を出しているとは限りません。Mリンシステムは、天候に左右されない農法です。それは、日々変化する天候に対して対処できるからです。農業は天候しだいといわれる現状を打破するためにも、対処方法を習得していただきたいと思います。

人間の必要栄養素

役割 必要栄養素
働くエネルギーとなるもの 炭水化物(糖質)
血や肉となるもの タンパク質
エネルギー・貯蔵養分 脂肪
体の調子を整えるもの カルシウム
繊維質
ビタミン
ミネラルなど

植物の必要栄養素

必要栄養素 役割
糖質(光合成産物) 生育時のエネルギーになる
チッソ 葉や茎をつくる
リン酸 代謝エネルギーになる
カリ
カルシウム
マグネシウム
微量要素

各種栄養の特徴

チッソ リン酸 カリ マグネシウム カルシウム
特徴 植物体内でタンパク質に合成。葉・茎・実の肥大に効果。 呼吸や光合成の促進。炭水化物の生成の促進。細胞の強化。チッソのタンパク質への消化。 炭水化物やタンパク質などの移送。繊維質の強化。チッ素分の吸収促進。 葉緑素の構成要素。光合成時にリン酸の働きを助ける。 有機酸などの有害物質の体内中和。細胞膜の強化。
問題点 細胞を膨張させるため、軟弱化・徒長・耐病性の低下・分化期の遅れを発生させることがある。 土中金属との固定化。 過剰になると、苦土欠乏を誘発する。 欠乏により葉の黄化。 植物体内での移動が遅い。欠乏により縁腐れ・芯腐れ・尻腐れを発生させる。
根への効果 減少させる。 増加させる。 増加させる。 増加させる。 増加させる。
茎・葉への効果 伸ばす、大きくする。 硬くする。 硬くする。 硬くする。 硬くする。
花・実への効果 悪くする。 促進する。 促進する。 促進する。 促進する。
耐病性について 悪化させる。 向上させる。 向上させる。 向上させる。 向上させる。
PAGETOP