よくある質問

よくある質問

土壌を物理的に改良したいのですが?

物理性改善の土づくり

物理性からみて土壌を改良するということは、土を団粒化させ、排水性、保水性、通気性をよくすることになります。
土壌の団粒化を計るには、バクヤーゼ堆肥 を投入して腐植率を上げること、MB動物有機を使い有機栄養と多くの有効菌を繁殖させかつ、バイオ健太クンやクン炭ボカシ(C参照)で空気をいっぱい土壌にだかせることによって土壌の団粒化が進行します。  
堆肥の投入は 作付け1ヶ月以上前、ボカシ、化学肥料の施用は20日以上前にするのは、微生物の繁殖による酸欠を防ぐためでも有効となります。

PAGETOP