よくある質問

よくある質問

マグネシウム(苦土)について知りたいのですが?


マグネシウム(苦土)について

◇マグネシウム(苦土)◇
マグネシウムは、葉の中にある葉緑素の構成成分となり、リン酸とともに光合成を促進する役割を持っています。欠乏すると葉脈間が黄化し、やがて白化します。症状はおもに下葉や結果実に近い葉から発生します。対策は、硫酸マグネシウムを配合したMリンPKマグを利用するとよいでしょう。単体でマグネシウムを施肥した時よりも吸収率は高くなります。症状が現れた場合は、マグネシウム成分も入っているリーフアップCaの葉面散布が即効的に改善してくれます。高温が続いた際は、蒸散量が増えて光合成量が低下するため、リーフアップCaでマグネシウムを供給してやると効果は大きくなります。特に稲の登熟期には、増水と共にアミロース含量を低下させることにもつながります。

▼マグネシウム(苦土)欠乏

  マグネシウム
欠乏症状 果菜類などの果実肥大期に果実に近い葉で葉枯れ症状を示す。(クロロシス)
発生要因 マグネシウムは植物体内を再転流しやすく、通常古い葉から見られる。カリが過剰の時にも発生。
対策 根系施肥™
MリンPKマグ 20~30kg
または
MリンPK液肥の素 2~4kg
葉面施肥
リーフアップCa  400~500倍

PAGETOP