新着情報

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

リン酸が効くと綺麗なハートになるね

おはようございます。

名古屋は暖かい日が続いていましたが、11月になってようやく秋らしい涼しさになってきました。

秋の味覚が美味しくなるのはこれから

食味向上の追い込みはPフォスタの葉面散布がオススメです

 

さて

下の写真はジネンジョ栽培でMリンPKとバクヤーゼKを使っていただいたところの葉の様子です。

 つるぼけを心配して、例年はあまり葉が茂らないように管理をされているそうなのですが、毎年イモができなくて困っていたそうです。

今年はまず、リン酸を効かせながら葉をしっかり作りましょう!と提案。

デンプンを作る光合成は葉で行われます。

葉ができなければ、イモに貯まるデンプンも作られない!なので、夏までに葉づくりをしないといけないのです。

「葉を作ろうとして肥料をやると葉の形がいびつになるけど、MリンPKをやったら綺麗なハート型になった」

と、感想をいただきました。

また、「リン酸が効いたから花が沢山咲いた」(花が多く付いてむかごが沢山できる時はイモができない)と困っていらっしゃいましたが、リン酸が効いても「花は咲くけどむかごは付かない」状態で、イモの肥大が期待できそうです。

秋以降は光合成で作ったデンプンをイモに送る時期。

光合成促進の為に雨の前にMリンPKをまいてもらっています。
葉色が落ちてきたらデンプンがイモに送られた証拠。
今の時期に葉色の落ちが悪い場合はPフォスタ500倍液の葉面散布を3~4日置きに行うと最後の仕上げになります。

 

 

 

2019.11.08|ブログ

ページの先頭に戻る

北海道 早い落葉!

今、北海道は紅葉真っ盛りです

 、、、、の、はずなんですが、散歩がてら撮った写真

今年は、風の強い日が多く、紅葉もすっかり落ち葉となってしまいました。残念

 しかし、この落ち葉の中をサクサクと歩くのも中々いいものです

 さて、毎年、ジャガイモでお世話になっている岩見沢の生産者様のところでは、ブドウやリンゴの収穫真っ最中です

こちらでは、最近、リンゴやブドウの甘味が増したと評価を得ております

ポイントは、『リン酸』の施用です

 開花前の施肥を始め、収穫1ケ月前に
苦土入りのMリンPKを20~30kgを施肥しています。

 また、日照不足が続く光合成低下時、雨が降った直後には必ず苦土入りのMリンPKを施肥しています。

日照不足や降雨によって、せっかく乗った糖度や味を落としてしまうのです。

そのような時、苦土入りのMリンPKは確実に力を発揮してくれます

2019.11.06|ブログ

ページの先頭に戻る

イベント情報追加しました

11月のイベント情報を更新しました。

展示会場にて営農相談を行います
この機会に是非、栽培のお困りごとをご相談ください。

日程はこちら



2019.11.01|イベント情報

ページの先頭に戻る

新入社員奮闘記 ミカンの糖度測定

おはようございます 

先日ミカンの糖度を測定しました

今回使った糖度計がこちらです

精密機器なので壊さないか心配でした

測定というよりも実験みたいで

少し緊張しましたがなんとか無事にできました!!

今回糖度を測定した品種は宮川早生なのですが

糖度とコクをだすために

リーフA液剤

リーフアップバリア

Pフォスタ

をそれぞれ500倍で希釈して使用しました!!

その結果、現段階で糖度が11.3度 酸度が2.2度

を超えるものもできました!

収穫がとても楽しみですね

しかし、、、切ってる最中にいい匂いがして

おなかがすいてしまいました(笑)

食欲の秋は恐ろしいですね

皆さんも食べすぎには気を付けながら

秋の味覚を楽しみましょう

 

 

 

2019.11.01|ブログ

ページの先頭に戻る

新米

食欲の秋

新米の季節がやってきました。
ちなみに、『新米』とは、JAS法によると、収穫年の年末までに精米されたものをさすのだそうです。

ミズホにも生産者さんから新米が続々と届いています
なので、社員一同、お昼ごはんの休憩時間が大試食会となります



米の品種、粘り、香りなどを問うアンケート用紙に、感想を各々記入します。

食べた感想も人それぞれで、甘みを強く感じたり、もちもち感だったり、粒張りや香りを重視したりと、まさに十人十色です。

ちなみに昨日試食は、収穫前にPフォスタを5回も散布するなど食味にこだわった生産者さんのお米。
もちろん、社員一同、試食の量を超え、モリモリ美味しくいただきました

 

 

 

2019.10.30|ブログ

ページの先頭に戻る

ほくほくのお芋

今年もさつまいもの時期がやってきました

さつまいもを美味しく食べるには、やはり焼き芋でしょう・・・という訳で出荷できないお芋を焼き芋にして頂きました今年も焼き芋鍋をお持ちの方に会社へ持ってきてもらい、弱火でじっくりと1時間焼き芋は弱火でじっくりと加熱した方が美味しく仕上がるんだそうです

ところで、お芋はキュアリンク処理をしてあるものの方が長期保存ができ、お味も美味しくなります今回、キュアリングの有無を隠して、社員のみなさんにお芋を食べてもらったところ、キュアリング済のものの方が美味しいという方が多かったです

キュアリングとは、一定の条件に芋を貯蔵することで、芋の傷口や表皮の下にコルク層をつくり、傷を治して病菌の侵入を防ぎ、長く貯蔵する方法で、更に収穫直後にキュアリング処理を行うことで糖の含量も上がるそうです

スーパーでさつまいもを選ぶときには、手がかかっているため少しお値段は張るかもしれませんが、キュアリング済と表示されているものがおすすめですよ

ミズホのお客様で九州でさつまいもを作られている方は、根系施肥ではMリンPK、栽培の最後にPフォスタリーフアップCaを散布して、葉の黄化を促進させておられます収穫したさつまいもは学校給食で提供されたところ、お子さんたちからとっても美味しいとの声が上がったと先生より生産者様にご連絡があったとのことですとても喜ばしいですね

さつまいもにもリン酸、おすすめです

 

2019.10.28|ブログ

ページの先頭に戻る

お客様の声

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る