『Mリン農法トピックス』は株式会社ミズホのオフィシャルブログです!

株式会社ミズホは、作物を健全に育て、美味しくて安全な農産物を作るための肥料と資材を取り扱っている会社です。

他社にはない「効くリン酸」を用いた「Mリン農法」による栽培を推進しています。

このブログでは農業技術やMリン栽培の様子、Mリン農産物、会社のアレコレ…など、最新情報を更新しています。

ミズホ会員様にはおなじみである隔月発行の「機関誌・THEミズホ」では伝えきれない情報を時差なく提供していきます。

更新日は毎週 月・水・金曜日です。
(会社がお休みの場合はブログもお休みします)

生産者、農業関係者の方のみならず、農業に興味がある方、
家庭菜園を行っている方のご来訪も心よりお待ちしています!

> 旧ブログはこちら

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

そろそろ剪定時期

今年は暖冬ですが、寒いのが苦手な私はこれでも足元や手先が寒く感じていますしかし、暖冬の影響で沖縄は20℃超えの陽気とのこと沖縄担当の営業マンが作物への影響を心配しておりました鍋によく使われる野菜も売れ行きが芳しくないとのこと

やはりその季節らしい気候となるのが一番良いですね

 

さて、1月も後半となりましたので、そろそろ駐車場のイチジクの剪定をしないといけない時期です

樹勢がとても強いので、大分枝が伸びています

当社に植わっているイチジクは多分夏秋兼用種(らしい)

いつもは全ての枝を切り詰めて、秋果のみを収穫していましたが、本当に夏秋兼用種か確かめる為に、数本そのまま残してみようかと思っています今年も美味しいイチジクが収穫できますように

※イチジクの根元では、バケツ稲の土を絶賛堆積発酵中この土からも養分をもらってイチジクも美味しくなる予定です

コメント

2019.01.25|

ページの先頭に戻る

暖冬につき花質低下に注意!

おはようございます

寒い寒いと言っておりますが、ここ、名古屋は例年に比べると暖かいような気がします。

『刺さるような寒さ』というのがありませんね。

 

さて、暖冬時には、果樹が『窒素過剰になりやすい』という問題があります。

これは例年のようにやったお礼肥が予想外に効いてしまうことが原因です。

寒いと活動が鈍りますが、気温が高いとその分窒素の吸収力は高まります。

 

 

問題は、果樹にとっての2月は『花が咲く直前』であったり『花芽分化期』であったりする点。
冬の窒素過剰は、花質の低下を招く可能性が高いと言えます。

花質を良くするためにはリン酸が必要。
花芽の品質は果実の品質に直結しています。
例年よりも葉色が上がっている、窒素過剰の様相が出ているという場合は、是非MリンPKを施肥して下さい!

コメント

2019.01.23|

ページの先頭に戻る

ニンジン収穫

先日、営業マン宛に宮崎県のニンジン生産者さんより、2月の施肥基準もよろしくねと電話がありました

こちらの生産者さんのニンジンは、ジュース用です

 

なので、葉を切り落として収穫します。

 

ニンジンは、発芽するまではたくさん水が必要ですが、発芽した後はやや乾燥した状態を好みます。
そのため畑は、水の出し入れが出来るよう、排水性と保水性、土の緩衝力が大切です。

ということで、やはり『土づくり』が重要事項なのです

こちらの生産者さんももちろん元肥にバクヤーゼKでしっかり土づくり。そしてMリンPKのリン酸で硬く強く育て、地上部の葉に栄養が行き過ぎることなく、地下部の実が大きく育ちます。

ちなみに、ニンジンには、豊富にカロテンが含まれていますので、免疫力を高め、ビタミンCも含まれています
インフルエンザが流行っていますので、ニンジンジュースも対策の一つに加えてみてください

 

 

コメント

2019.01.21|

ページの先頭に戻る

葉が縮れたチンゲンサイじゃないよ

平成31年の1月ももう18日になっています日にちが過ぎるのは早いものですねー今年もこんな風にあっという間に一年が過ぎてしまうものかと戦々恐々としています。時間の経過を早く感じたとしても、振り返ってみると内容の濃い一年になるように頑張ろうと思います

さて皆さん、レタスはレタスでもコスレタス(ロメインレタス)はご存じでしょうかコスレタスは見た目がラグビーボールのような卵型になる半結球レタスです。立性で栽培に場所を取らないので栽植密度を高められる、という特徴があります。と言われていたものの、私も実物のコスレタスを見たことがなかったので、どんな風になるのかと思っていたところ・・・

今はこのような姿に育っています(真上から撮影)定植日から考えるともう収穫して良い時期になっていますが…「ラグビーボールのような卵型」かなぁ?どう見ても違うよなぁ

 

あるタネ屋さんのところでは、頭部が500円玉くらいの大きさに閉じてきたら収穫適期、と記載されています。このコスレタスの頭部も500円玉ほどなので収穫適期なのでしょうが、コスレタスと言うよりは葉がクシャクシャしたチンゲンサイのような姿をしています

結球する野菜は初期の葉を大きく立派に作らなければ、結球が良くなりません。元肥窒素を少なめで始めたことが葉巻きが弱い一因かもしれませんね

コメント

2019.01.18|

ページの先頭に戻る

相撲と五穀豊穣

おはようございます。大相撲では稀勢の里が引退を発表しました。19年ぶりの日本人横綱でしたが、平成の間に決断することとなりました。個人的には非常に残念ですが、後進の指導にあたってほしいと思います。

相撲(角力)は神事と密接に結びついていて、五穀豊穣や豊漁を占う、土中の邪気を払うといった意味があります。
稀勢の里の出身地の大仏
某府の神社の鳥居

現代の大相撲は興行の要素もありますが、やはり神道と密接に結びついています。
また、日本には五穀豊穣を祈る祭祀を司り、国民の安寧を祈る「祭司王」も存在します。最後の一般参賀ということで、感謝の気持ちで僕も人並みに揉まれてきました。

今年を良い年にしていきましょう。

コメント

2019.01.16|

ページの先頭に戻る

新入社員奮闘記 御利益がありそう

2018年も終わり2019年が始まりましたね。

寒さも年末より一層深まってきました

僕も風邪にならないように体調管理をきちんとしていこうと思います

 

以前からミズホでは生産者の方々からお米を頂き、お昼に食べさせて頂いています。先日食べたお米の中で気になったものがありました。

こちらのイセヒカリというお米です。

平成元年に伊勢神宮の神田において、その年にあった2度の台風で倒れなかった2株から栽培されたそうです。

数年間は神宮から門外不出とされてきましたが、現在は山口県等様々な県で栽培されているようです。

このイセヒカリ、実はコシヒカリの突然変異種らしく、龍の瞳の名前で有名ないのちの壱と同じように田んぼから突然現れた品種です。

僕は突然変異米の事はいのちの壱しか知らなかったので他にもあるかなと調べた所…ありました

カミアカリ、五百川、みどり豊、ゆうだい21が登録されていました。突然変異には人為的な手法を用いられることはありますが、イセヒカリのように日本書紀と関わりの深い伊勢神宮で自然発生するというのはとても神秘的ですね

ページの先頭に戻る

ブログ

2019年3月
« 2月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る