『Mリン農法トピックス』は株式会社ミズホのオフィシャルブログです!

株式会社ミズホは、作物を健全に育て、美味しくて安全な農産物を作るための肥料と資材を取り扱っている会社です。

他社にはない「効くリン酸」を用いた「Mリン農法」による栽培を推進しています。

このブログでは農業技術やMリン栽培の様子、Mリン農産物、会社のアレコレ…など、最新情報を更新しています。

ミズホ会員様にはおなじみである隔月発行の「機関誌・THEミズホ」では伝えきれない情報を時差なく提供していきます。

更新日は毎週 月・水・金曜日です。
(会社がお休みの場合はブログもお休みします)

生産者、農業関係者の方のみならず、農業に興味がある方、
家庭菜園を行っている方のご来訪も心よりお待ちしています!

> 旧ブログはこちら

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

新入社員奮闘記 御利益がありそう

2018年も終わり2019年が始まりましたね。

寒さも年末より一層深まってきました

僕も風邪にならないように体調管理をきちんとしていこうと思います

 

以前からミズホでは生産者の方々からお米を頂き、お昼に食べさせて頂いています。先日食べたお米の中で気になったものがありました。

こちらのイセヒカリというお米です。

平成元年に伊勢神宮の神田において、その年にあった2度の台風で倒れなかった2株から栽培されたそうです。

数年間は神宮から門外不出とされてきましたが、現在は山口県等様々な県で栽培されているようです。

このイセヒカリ、実はコシヒカリの突然変異種らしく、龍の瞳の名前で有名ないのちの壱と同じように田んぼから突然現れた品種です。

僕は突然変異米の事はいのちの壱しか知らなかったので他にもあるかなと調べた所…ありました

カミアカリ、五百川、みどり豊、ゆうだい21が登録されていました。突然変異には人為的な手法を用いられることはありますが、イセヒカリのように日本書紀と関わりの深い伊勢神宮で自然発生するというのはとても神秘的ですね

ページの先頭に戻る

農産物のラベル

今年も残すところ、あと二週間ほどになりましたミズホのある名古屋は暖かい冬が続いていまして、まだ平年の冬よりやや暖かい日が多いですとは言え、着実に寒くなってきましたので、私個人の家庭菜園のアブラムシ退治がそろそろ収束するんじゃないかな~と、本格的な冬の到来を待ち望んでいるところです

 

さて、ミカンを主として試験圃場で栽培した秋冬物の出荷作業が進んでいます。試験栽培なので大した量はなく、隣町の日進園芸センターに出しているのみですが、Mリン農産物を世に広めるためにも大切な仕事の一つですそこで、少しでも多くの人の印象に残るようにと、LINEスタンプにもなった彼がひと肌脱いでくれました

 

 

ミズホの半公式キャラクター「ミズホくん」です

ミズホくんが付いているものや、Mリンシールが貼ってあるものはバリバリのMリン栽培Mリンカリンを使って栽培担当がせっせと自家配合したMリンPKを始め、葉面散布材のPフォスタリーフA液材、アミノ酸液肥のアミビタゴールドなど、プロ農家御用達のMリン資材を適期適用に使って栽培しているものになりますしかも、多くの人に味わって欲しいと、お値打ち価格で販売していますので、お近くの方はぜひどうぞ

ページの先頭に戻る

新入社員奮闘記 お味は?

おはようございます!

ここ数日で気温が一気に下がり真冬になりましたね

出勤の際に最寄り駅で電車待ちをする僕は凍えてしまいそうです

 

先日、先輩がミカンの試験栽培について記事にされていました。

今はミカンの収穫もすべて終わりホッとしたところです。

食べてみた感想は甘さも酸味も濃いなぁ~というのが正直な感想です

実家で毎年頂くミカンや近所の市販されているミカンを食べ比べたりもしているのですが、

それらと比べても濃い!

家族にも食べ比べてもらったらMリンのミカンの方がうまいと言われました。

入社してまだ3月ですが、ミズホの資材やMリンの効果を実感しました!

ページの先頭に戻る

食味コンクールin高山

すっかり秋も深まって参りました名古屋でも朝晩は安定して10℃を下回るようになりましたが、12月目前でもこの調子ですと、冬好きの私としては何だか物足りない気分です

 

さて、11月26日、27日の二日間、第20回目を迎える「米・食味分析鑑定コンクール」が岐阜県高山市で開催され、昨年に引き続き今年もブースを出展してきました

ミズホくんがお出迎えする【ミズホブース】。今年も良い笑顔で接客していました日本で一番大規模な米の食味コンクールですので、来場されるお客さんも肥料について持論をお持ちの方が多かったです。リン酸の固定化について既知の方が非常に多く、説明の手間が省けました会場ではMリンカリンを使った発酵リン酸肥料MリンPKについてご説明したり、栽培に関するお悩み相談をさせていただきました。二日目には約5700点の中から45点に絞られ、ノミネートされたMリンユーザーの本多氏が来場し、ブースを賑わせてくれました

そして今年も恒例となりつつある「特製Mリン手提げ袋」にミズホの篤農情報を詰め込んで配布しました実際にどんな袋でどんな内容だったかは、来年のお楽しみにしておいてください

 

P.S. 有名観光地の飛騨高山。会場の盛り上げ方も慣れた様子で、農家ではない一般のお客さんも大勢来場されていました

ページの先頭に戻る

新入社員奮闘記 漉き込み!

おはようございます

先日セスバニアを刈り取った畑にバクヤーゼKを撒いてきました!

その量、なんと300袋!

畑3枚分ですので1枚当たり100袋(1500kg)の計算

車から袋を降ろして、散布機に積み込みして後は楽ちんといきたかったのですが、散布機はありませんでしたので

人海戦術で散布(数の力は偉大である)

そして、100袋撒き終わった畑がこんな感じになりました。

黒っぽいのがバクヤーゼKです。

この日は3枚に撒くだけで1日が終わってしまったので、

翌日トラクターをかけて畑3枚に漉き込みしました!

来年の作付けまで時間はありますので月に1回時間を見つけて、ちょこっとずつ混ぜていく予定です

ページの先頭に戻る

新入社員奮闘記 ~セスバニアとさよなら~

お久しぶりです。

ブログの方でちょくちょく取り上げられていたセスバニアくんですが

先日、彼らの伐採に行って参りました

 

伐採前は背の高いものだと3m近くありましたが、

文明の利器ハンマーナイフを使用して切り刻んでいきました!

ハンマーナイフが通った後の地際に太い枝が残ってしまったので、

こりらは刈り払い機で切断しました。

作業が終わった畑がこちらです。

あんなに大きかったセスバニアくんは見る影もなくなりましたとさ

今後はバクヤーゼKと一緒に漉き込んで畑の肥やしになって頂きましょう

ページの先頭に戻る

ブログ

2019年1月
« 12月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る