『Mリン農法トピックス』は株式会社ミズホのオフィシャルブログです!

株式会社ミズホは、作物を健全に育て、美味しくて安全な農産物を作るための肥料と資材を取り扱っている会社です。

他社にはない「効くリン酸」を用いた「Mリン農法」による栽培を推進しています。

このブログでは農業技術やMリン栽培の様子、Mリン農産物、会社のアレコレ…など、最新情報を更新しています。

ミズホ会員様にはおなじみである隔月発行の「機関誌・THEミズホ」では伝えきれない情報を時差なく提供していきます。

更新日は毎週 月・水・金曜日です。
(会社がお休みの場合はブログもお休みします)

生産者、農業関係者の方のみならず、農業に興味がある方、
家庭菜園を行っている方のご来訪も心よりお待ちしています!

> 旧ブログはこちら

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

やっぱり!【北海道便り】

「命にかかわる気温」と連日、ニュースで流れています。

予想最高気温38℃、39℃なんて初めてです

今日の予想は35℃の猛暑日になるでしょう。結果的にどこそこで40℃を記録したというパターンでしたが、最初の予想気温で39℃とは、、、、

 

人が命にかかわるという事は作物も一緒です

食べた(補給)した栄養分を吸収し体(実)になる。理屈は一緒なのですね。

 

日本各地で大雨による水害や日照不足、また、別の地域では雨が降らず水不足と真逆の気象被害を味わっています。

 

北海道でも、6月からひと月半は、低温・多雨・日照不足でしたが、その後は高温と干ばつが続いております

 

 まだ栽培のピークではありませんが、早くもカルシウム欠乏による尻腐れ症状がでてしまいました。

 

 

 また、露地作物では生育不良が起こっています。まだ、例年の半分程の草丈です。

 

カルシウム欠乏には、リーフアップCaの葉面散布を、また、生育不良には消化吸収の良いアミビタゴールドリーフA液材のカン水や散布で生育促進を行って下さい。

 

しかし、根本は根張りです。6月の低温や日照不足での生育遅れや光合成不足のよる発根不良が原因です。

これからの管理は、生育回復、樹勢維持はもちろんですが、同時に発根促進を重点的に行う事が重要です。

MリンPKMリンPK液肥の素バイオ根助で、光合成促進と発根促進で締まった体と根作りを行って下さい

2018.08.06|

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページの先頭に戻る

ブログ

2018年8月
« 7月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る