『Mリン農法トピックス』は株式会社ミズホのオフィシャルブログです!

株式会社ミズホは、作物を健全に育て、美味しくて安全な農産物を作るための肥料と資材を取り扱っている会社です。

他社にはない「効くリン酸」を用いた「Mリン農法」による栽培を推進しています。

このブログでは農業技術やMリン栽培の様子、Mリン農産物、会社のアレコレ…など、最新情報を更新しています。

ミズホ会員様にはおなじみである隔月発行の「機関誌・THEミズホ」では伝えきれない情報を時差なく提供していきます。

更新日は毎週 月・水・金曜日です。
(会社がお休みの場合はブログもお休みします)

生産者、農業関係者の方のみならず、農業に興味がある方、
家庭菜園を行っている方のご来訪も心よりお待ちしています!

> 旧ブログはこちら

「出前講習会」日本全国おでかけミズホ

味覚に影響する食べ物

おはようございます 東海地方は梅雨明けしたかのような晴天が続きましたが、今日は梅雨空というか、台風の影響で雨風強いです 日差しによる暑さはなくなりましたが、湿度は高く蒸し蒸しとした不快感があります エアコンを適度に使って快適に過ごしたいですね

今日は味覚の方面からいくつかの植物を取り上げます

アーティチョーク

アーティチョークに含まれるシナリンは、舌の味蕾の甘味受容体の働きを一時的に阻害して、甘さを感じなくなります そのため、アーティチョークを使った料理を食べると甘さの丸みが取り除かれて、シャープな味わいになります しかし、次の食べ物を食べる時に、舌のシナリンが徐々に取れ、そのまま食べる時よりも甘さを感じるようになります デザートの前にアーティチョークを使った一品を食べると、デザートの甘さがより引き立つということですね

ミラクルフルーツ

西アフリカ原産のミラクルフルーツに含まれるミラクリンは、舌の味蕾と結合して、酸っぱい物を甘く感じさせます レモンをかじっても甘く感じるほどで、ダイエットに役立つと期待されています

 

ギムネマ

インド原産のギムネマに含まれるギムネマ酸は、舌の味蕾と結合して甘さを全く感じさせなくしますギムネマ茶がありますが、これを飲んだ後にケーキを食べると、粘土やマーガリンを食べているように感じます 試したくはないですが

この様に、味覚を騙す食べ物はいろいろあるので、皆さんも興味があったらいろいろと試してみてはいかがでしょうか

2018.07.04|

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページの先頭に戻る

ブログ

2018年7月
« 6月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリーごとに分ける

ページの先頭に戻る