新着情報

新入社員の夏野菜栽培 其の2

初めまして。今年の3月末からの新入社員2号です

以後お見知りおきを

もう5月も終わりに近づき、入社して早2ヶ月が経ちました。

日々先輩方にご迷惑をかけつつも、

いち早く戦力になるべく、精進している毎日です

さて今回は、5月2日にお伝えした夏野菜栽培の続報です。

 

今回栽培するのは以下の夏野菜たち

  • トマト×3 (ホーム桃太郎×2 桃太郎EX×1)
  • ミニトマト (オレンジ千果)
  • 枝豆×3
  • ピーマン×2(京みどり)
  • 黄パプリカ×2
  • ナス×2(千両ナス)
  • オクラ×2

 もっと植えようとしたのですが、新人の拙い計算と先輩方の助言より、約7㎡の畑ではこの量が上限のようです…。むしろ、これでも密植だと指摘を受けたくらいです

狭い面積でなるべくたくさん採りたいという欲の表れですかね

さて、作物紹介はこれまでにして定植です。先輩がその熟練の目を光らせ、いい苗を選んできてくれたので、失敗する訳にはいきません

 

【5/14 定植】

良く晴れた午前中、定植を実施しました。

まず植える位置を決めて穴を作り、発根をスムーズにするため [バイオ健太くん] を入れます

その後、1000倍に薄めた [バイオ根助] [キトチンキ] [リーフアップA] を植え穴に注ぎます(写真①)。

そして、[キトチンキ]のみ200倍にした混合液体にポットをドブ漬けしました(写真②)。

これらはすべて発根・活着促進のためです。

①植え穴

②ドブ漬け

そして定植。植え方は浅植えです

と言うのも、根洗い(定植から30~45日後に徐々に株元の土を洗い流す手法)を試してみるため、そのように植えました。

しかし、ここで大失敗が

浅植えをするためには畝作りからの準備が必要なのですが、普通の台形の畝を作ってしまったことが後々問題となりました

その様子がこちら。

③浅植え(失敗)

平らな畝に苗をポンと置いただけのように見えますよね。お見せするのも恥ずかしい限りです

*後々この畝のミスに気づき、畝端が高く、中央が低い形王冠のような形に畝を修正しました。

 

そして、今回の栽培で特筆すべきは、トマトと枝豆の混植です

トマトの畝の横端、トマト同士の中間になるよう枝豆を植えました。

ちなみに画面中央がトマト、右の畝端にあるのが枝豆です。

④トマトと枝豆の混植

これまで何度も先輩方が尽力されたのにもかかわらず、病気や害虫にやられ、トマトは十分に収穫出来ずにいました

そんな先輩方の無念を晴らすべく、農業雑誌を漁っていると、狭い農地でトマトと枝豆の混植を実践し、質・量共に優良に育てていらっしゃる方の記事が

モノは試しと、上司の許可を得て試している次第です。

浅植え、根洗いの実践、トマトと枝豆の混植。楽しみが満載ですね

今年の夏は冷夏となるそうですが、新人の情熱と栽培トラブルの連続で、会社の畑は猛暑となることでしょう。

つづく……

前回の栽培日記はこちら

 

2014.05.28|社員奮闘記

PAGETOP